ここから本文です

いつもの「黒ニット」安定感を証明する7つのスタイル

2019/12/3(火) 20:30配信

GISELe

スタイルに壁をつくらない黒とミーハー心の組み合わせは毎年、秋冬の恒例行事。汎用性の高い2つの黒ニットを飾るにふさわしいワードローブで、これからのスタイリングをシミュレーション!

黒のニット7スタイルをすべて見る


VARIATION
「こう着たい」も黒が助ける
その日の予定や気分によって、スタイリングに求めることはさまざま。安定感のある「いつもの黒」があれば、どんな願望にもフレキシブルに対応。

MON. @DATE
「甘さをとり入れたいなら」
いつも以上にかわいさを重視したいとき。白×ピンクで直球にまとめつつ、仕上げに黒ニットをON。小さくても目立つ黒が、ノーブルな甘さへと誘導。

黒クルーネックニット 33,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ピンクサテンギャザーパンツ 21,000円+税/ノット(デ・プレ) 白ロングTシャツ 1,900円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ビッグクラッチバッグ 47,000円+税/ア ヴァケーション(アマン) スエードパンプス 14,400円(税込み)/BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック) 白T、ゆるワイドくらいのカジュアルさなら甘さにも手が出しやすい。


TUE. @work
「黒に逃げずに“できる女”」
黒できちんと感が出せるのは周知の事実。なら、黒だけでまとめずシックを装うには? 注目ベージュをとり入れたストライプで知的さにひとひねり。

黒タートルネックニット 24,000円+税/BATONER ストライプパールボタンロングシャツ 13,000円+税/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ新宿店) 黒スキニーパンツ 7,990円(税込み)/Gap(Gap新宿フラッグス店) ハット 8,900円+税/ル ベルニ(ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店) バッグ 19,800円+税/YAHKI(ショールーム セッション) パンプス 18,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店)

GISELe編集部

最終更新:2019/12/3(火) 20:30
GISELe

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事