ここから本文です

“天才3人娘”に押される17歳ザギトワ ロシア元世界女王が指摘した「問題」

12/3(火) 19:03配信

THE ANSWER

ブッテルスカヤ氏がザギトワ&メドベ&リーザの現在地に言及

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズの女子はアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワ、アリョーナ・コストルナヤというロシアの天才少女3人がともに2連勝し、全6戦の優勝を独占。一方で、平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ、同銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ、15世界女王エリザベータ・トゥクタミシェワと実績ある3人は新世代に押されている。母国の元世界女王マリア・ブッテルスカヤ氏はロシアメディア「portal-kultura.ru」で、それぞれの評価について語っている。

【画像】「美しい瞳の10代たち!」と反響! 大人っぽく映るザギトワ、コストルナヤの表情は…話題を呼んだNHK杯の“美しすぎる集合写真”の実際の写真

 今季のGPシリーズはエテリ・トゥトベリーゼ氏が指導するトルソワ、シェルバコワ、コストルナヤというシニア1年目の3人娘が全6戦の優勝を独占。厳格なトレーニングの下で才能を磨いてきた新世代の台頭を印象づける結果となったが、同門のザギトワはGPファイナルに駒を進めたものの、フランス杯2位、NHK杯3位と優勝を逃した。

「このような状況で五輪女王ザギトワにロシア代表での場所が見つからなくなるのではないか?」との問いを受けたブッテルスカヤ氏は、シーズン前のテスト滑走会は質の高い演技を見せ、さらに「プログラムで一切、何もない場所がなかったし、自信が感じられました」と称賛。一方で、今季のメンタル面の課題を指摘した。

「しかし、次第にその差を追いつかれ、極度の緊張状態で戦わなければならない時、一つのミスもなしに滑るのは難しくなります。問題が精神的なものである可能性はあります。一番高い場所を目指す戦いで競争を耐え抜くためには、ザギトワは自分のスケートを理想的に滑る必要があります」

 17-18年シーズンにシニアデビューすると、破竹の勢いのまま、15歳で五輪女王となったザギトワ。圧倒的な強さで心にゆとりを持ちやすかった状況とは変わり、一つのミスで順位を落とすような緊張感のある戦いになったことに難しさがあると母国の元世界女王は説いた。さらに、話題はメドベージェワとトゥクタミシェワという2人の世界女王に移った。

1/2ページ

最終更新:12/8(日) 11:36
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事