ここから本文です

元NGT48菅原りこ、佐藤B作の初“駄目出し”にも「これも自分ものに…」と前向き

2019/12/3(火) 12:37配信

ザテレビジョン

2020年1月9日(木)から全国6都市で上演される舞台「『罪のない嘘』~毎日がエイプリルフール~」の記者発表が12月3日に都内で行われ、佐藤B作、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、小林麻耶、菅原りこ、あめくみちこ、鈴木杏樹、片岡鶴太郎が登壇した。

【写真を見る】菅原りこは和装で姿を見せた

本作は、三谷幸喜の名作「アパッチ砦の攻防」が原作。1996年に三谷が「劇団東京ヴォードヴィルショー」のために書き下ろしたシチュエーションコメディーで、今回9年半ぶりの上演となる。

NGT48卒業後は初舞台で、主人公の鏑木研四郎(佐藤)の娘・ちよみを演じる菅原は「ちよみは人柄がとても家族思いですてきな、素直な面もあって、明るい印象を受けました。純粋な女の子だと思うので、役に近づけるようにお稽古を積んで頑張っていきたいなと思います」とコメント。

「緊張することの方が大きいんですけど、(共演の)皆さま方の演技をずっとじっくり見て、一つ一つ演技を勉強して、自分のものにしていけるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

この発言に、佐藤から「そんな余裕はないと思うよ。自分の役だけで大変だと思う。他の人を見て勉強なんて時間はない。自分のせりふを早く入れて、自分の役のことだけを考えていればいいんですよ」とアドバイスされる場面も。

しかし、菅原は「駄目出しをもらえてうれしいです。この駄目出しも自分のものにして頑張りたいと思います」と“吸収”。このやる気を見た佐藤は「すごいなぁ。負けてないな」と大笑いだった。

■ ものがたり

ある日の午後、高級マンションの一室。以前この部屋の持ち主だった鏑木が、テレビの修理業者を装ってやってくることから始まる。

彼は妻子と別れ、今は愛人と暮らしているが、娘が婚約者を連れてくることに。そこで、4日前まで住んでいたこのマンションで会うためにひと芝居=<嘘>をつくことを思いついたのだ。

ところが、今の居住者の鴨田夫妻が留守の時間帯を調べて入りこんだはずなのに、次々に夫妻が帰宅してきてしまう。

そのうえ、マンション自治会の副会長夫妻や不動産屋、鏑木の前妻や愛人、ついには娘の婚約者の両親までが、入れ替わり立ち替わりやってきて…。ちょっとした<嘘>のはずが、繕えば繕うほどに、いつの間にか“おおごと”に…。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/5(木) 18:25
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ