ここから本文です

FANTASTICSの新曲は“ライブの1曲目にふさわしい曲”!<FANTASTICS「Time Camera」ロングインタビュー 前編>

2019/12/3(火) 7:30配信

ザテレビジョン

FANTASTICS from EXILE TRIBEが、12月4日(水)に4thシングル「Time Camera」をリリース。表題曲の「Time Camera」は、彼らが今秋に開催した初単独ホールツアー「FANTASTICS SOUND DRAMA 2019 FANTASTIC NINE」(全国12カ所17公演)で初披露し、ライブを大いに盛り上げてくれた爽やかなポップチューンだ。

【写真を見る】新曲について木村慧人木村は「初めて聴いた瞬間から、踊りたい!と思った曲」と話した

シングル「OVER DRIVE」でデビューを果たしてから1年。この12月にデビュー2年目に突入するFANTASTICSのメンバーに、シングル「Time Camera」や、この1年の活動で印象に残っている出来事などを聞いた。

■ 新曲は「今のFANTASTICSにすごくフィットしている曲」(世界)

――「Time Camera」を初めて聴いたときの印象や感想を教えてください。

佐藤大樹:この楽曲はFANTASTICSの初単独ツアーが決まったこと、そして、そのライブの1曲目にふさわしい曲にしたいというテーマを元に制作が始まったので、聴く前からどんな曲がやってくるんだろうとワクワクしていました。初めて聴いたときも、頭サビで始まる曲はシングルでは初めてだったので、ずっとワクワクが止まらなかったです。

世界:今のFANTASTICSの姿が見えてくる歌詞で、なおかつキャッチーで自分たちらしいポップさを表現している曲だと思いました。あと、ライブにぴったりな曲だと思います。

堀夏喜:これまでもFANTASTICSにはポップなイメージがあったと思いますが、ここまでポップに振り切った曲は初めてだと思います。

澤本夏輝:シングルを出すたびに、FANTASTICSらしい曲です!と言ってきましたが、「Time Camera」は自分たちらしさをまた更新した!と思いました。

中島颯太:“夢”“未来”という壮大なテーマを掲げて、過去・現在・未来という時間軸を追って表現している歌詞に、FANTASTICSのこれまでと今の自分たちを重ね合わせていました。

八木勇征:キャッチーな曲に乗せた僕たちの夢や希望を、レコーディングでは明るく、ポップに表現して、皆さんに真っすぐ届けたいと思いました。

木村慧人:2ndシングル「Flying Fish」のポップさとはまた違うポップさを持っている曲だと思いました。初めて聴いた瞬間から、踊りたい!と思った曲でした。

瀬口黎弥:僕も早くライブでパフォーマンスしたい!と思いました。今の自分たちを受け止めてもらえるこの曲の歌詞を、パフォーマンスでも皆さんに伝えたいという思いが自然に沸いてきました。

世界:この曲で初めてFANTASTICSのことを知ってくださる方たちにも、僕たちがどんなグループなのかがすごく分かりやすく伝わる曲。そういうところも含めて、今のFANTASTICSにすごくフィットしている曲だと思います。

――ボーカルの中島さんと八木さんはどんな思いでレコーディングに臨みましたか?

中島:過去にどんなにつらいことがあっても、今を大切にして、信じて頑張れば、未来の扉が開けるということが、この歌詞には前向きな表現でちりばめられています。レコーディングでは、聴いてくださる方ひとりひとりが、ここの歌詞が自分の頑張るきっかけになったと思っていただだけるように、どのパートも意識して歌いました。

八木:前シングル「Dear Destiny」は(シングルでは)初めてのバラードということもあり、歌詞を読み込んだり、いろんな声で歌うことに挑戦したレコーディングでした。今回の「Time Camera」は、いい意味で等身大の歌といいますか。今のFANTASTICS、今の自分たちに重なる歌詞だからこそ、ありのままに歌うことを心がけました。

中島:(スタジオでは)2人とも笑顔を大事にして歌いました。今までの曲もそうですが、今回も僕と勇征くんは一緒にスタジオに入って、お互いの歌を聞きながら「この声、めちゃくちゃいいよね」とか「あそこの表現はもうちょっとこうできるよね」とて言いながら、2人でアイデアを出し合いながらレコーディングを進めていきました。

八木:最初の段階では、2人の歌パートをはっきり分けて歌っています。でも、もっとスピード感を出したいよねということになり、交互に歌うことにしました。

中島:あと、勢いのある歌い方、爽やかさの中にも芯がある歌、今のFANTASTICSを感じてもらえる歌詞に注目してもらえるような歌い方を意識しました。

世界:勇征と颯太はボーカリストとしてFANTASTICSに同時に加入しているので、同期として同じスタートを切れている。そういうところでも、2人の歌には一体感を感じてもらえるんじゃないかと思っています。これからも2人は一緒に切磋琢磨できるんじゃないかな。

――初単独ツアー「FANTASTICS SOUND DRAMA 2019 FANTASTIC NINE」で「Time Camera」を初披露したときの観客の反応はいかがでしたか?

佐藤:お客さんが聴いたことがない曲をライブでやるのは初めてのチャレンジだったんです。

澤本:新しい曲をライブで初めてやるときはいつも緊張するのですが、特に「Time Camera」は単独ツアーの1曲目だったから、いつも以上に緊張しました。

堀:皆さんは歌詞も曲調も知らないので、いったいどんな反応が返ってくるのかが、僕たちも分からなくて。

澤本:でも、そんな不安を見事に吹き飛ばしちゃうくらい、どの会場もすごく反応が良くてうれしかったです。

木村:鳥肌が立っちゃうくらい皆さんの歓声がすごかったです。拳を挙げて盛り上がりたい!という皆さんの熱が伝わってきました。

八木:ライブの1曲目にふさわしい曲というテーマを元に作っていただいた曲が、皆さんから声援や反応をいただいたことで相乗効果が生まれて、より輝きを増した。今のFANTASTICSを輝かせてくれる曲なんだなと思いました。

堀:パフォーマンスしている自分たちの気持ちも、どんどん開放的になる曲です。

中島:ライブで歌うたびに、この曲が持っている熱量やパワーを感じたので、これからもライブで歌い続けることで、どんどん成長していく曲なんだろうなと思いました。

世界:「Time Camera」の2番の振り付けは黎弥が担当したんです。

瀬口:歌詞を忠実に伝えられる振り付け、聴いてくださる方に歌詞が素直に入ってくるような振り付けを意識しました。

佐藤:ライブで皆さんも僕たちと一緒に振りができるように、簡単で覚えやすい振りも取り入れました。

――その覚えやすい振りには名前が付いているんですか?

佐藤:FANTASTICSって、これまでも(特徴的な)振りに名前を付けてないんです。名前を付けない理由は特にないんですけど(苦笑)。

瀬口:ライブでは皆さんがすぐにその振りを覚えてくださって。僕たちと一緒に、笑顔で踊ってくれたんです。

<FANTASTICS「Time Camera」ロングインタビュー 中編>に続く。(ザテレビジョン・取材・文=松浦靖恵)

最終更新:2019/12/3(火) 7:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事