ここから本文です

乃木坂46は花より団子!? 齋藤飛鳥がメンバーとのクリスマスを告白

2019/12/3(火) 9:33配信

ザテレビジョン

日本赤十字社が12月3日に東京都内で「『みんなの献血』クリスマスPRイベント」を開催し、「献血つながりプロジェクト」のイメージキャラクターを務める乃木坂46・齋藤飛鳥、星野みなみ、堀未央奈、山下美月、与田祐希が登場した。

【写真を見る】齋藤飛鳥ら乃木坂46“エース級”メンバーがクリスマスツリーとパシャリ

同イベントは、少子高齢化に伴い献血者が年々減少を続けている現状に対し、献血を通じて体験できる出会いや感動を届け、人と人をつなげるプロジェクト「みんなの献血」を盛り上げるべく行われたもので、現在治療を頑張っている患者や輸血経験のある患者の切なる願いを発信した。

イベントに登場した齋藤は、2018年のクリスマスについて「去年は4期生が加入したばっかりのタイミングだったので、スタッフさんも一緒に事務所で、一つの部屋をクリスマス仕様に飾り付けして、ごちそうを机に並べて、みんなで若干のパーティーっぽいことをさせていただきました」とコメントし、「『クリスマスだね、わいわい』というよりは、『おいしい物いっぱいあるね!』って感じでした(笑)」と苦笑。

また、堀は子ども時代のクリスマスの思い出について「毎年12月になったら『これが欲しいです』ってサンタさんに手紙を書いて枕元に置いていたのですが、ずっとイヌが欲しくて『イヌが欲しいです』って書いていたんですけど、毎年イヌとは違った物が届いていて、親に『サンタさんがイヌをくれないんだけど、どうしよう』と相談したら、『生き物だからサンタさんは届けられないんだよ』って言われて、そこからブーツとかドレスといった確実に届く物をお願いするようになりました」と明かした。

最後に齋藤は「6月から立ち上がった『みんなの献血』というのは、献血という文化をもう一度当たり前に感じてもらうことを目標に始まりました。

これまでも多くの皆さんに献血のご協力をいただけることができました。私は自分たちが身近にできる人助けが献血だと思っています。

特に、私たちと同年代の方たちが新たに献血に協力していくことこそが、みんなの未来を明るくする鍵だと思っておりますので、皆さんぜひ献血へのご協力をよろしくお願いします」とアピールした。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/3(火) 9:33
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事