ここから本文です

「映画 すみっコぐらし」大“ひっと”に、まんきゅう監督「ファンの皆さんのために作ろうと」

2019/12/3(火) 16:14配信

ザテレビジョン

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」大“ひっと”御礼舞台あいさつ付き上映会が12月1日に東京・丸の内ピカデリー・シアター1で行われ、ぺんぎん?、しろくま、とかげ、ねこ、とんかつらすみっコたちとまんきゅう監督が参加した。

【写真を見る】舞台あいさつに立ったまんきゅう監督「ファンのみなさんのために作ろうと」

映画の大“ひっと”を祝して、5人のすみっコたちが感謝の思いを伝えるべく真っ赤なリボンを付けた正装姿で集まり、一生懸命歩きながらステージに登ろうとすると、客席からは「頑張って~!!」「赤いリボンが似合っているよ~!」などの声援が送られ、壇上で近づきすぎて大渋滞を起こしそうになる姿に、温かい笑い声が沸き起こった。

あいさつ代わりに、自己紹介文がスクリーンに映し出され、すみっコたちのかわいらしい動きとリアクションがあると、会場からは胸キュンな黄色い悲鳴。5体そろった初めての舞台あいさつで緊張気味だったすみっコたちも、なんだかうれしそうな様子に。

一方、ひよこ(?)のぬいぐるみを持って登壇したまんきゅう監督は「こんなにたくさんの方々に見てもらえてうれしい。すみっコ7周年ということで、映画を作る際にファンの皆さんのために作ろうという決意を固めて挑みました」と制作の舞台裏を明かし、「結果的にファンだけではなくて、すみっコ愛が多くの人に伝わったようでうれしい」と大“ひっと”を噛みしめていた。

本作では、映画のお気に入りシーンとお気に入りポイントをTwitter上で募集する企画「#映画すみっコぐらしおひろめ隊」を実施。今回はその一部をカテゴリーに分けて、まんきゅう監督の解説入りで発表する贅沢な時間もあり、最後には、まんきゅう監督お気に入りのシーンを公開。

それは冒頭付近のシーンで、すみっコたちが喫茶すみっコでくつろいでいる場面。

まんきゅう監督は「何気ない日常って幸せですよね。すみっコたちの暮らしぶりをのぞき見しているような感じが好き。最初に作ったシーンでもあり、いちばん何度も見ているシーンなので、個人的な思い入れも強いです」とその理由を説明した。

舞台あいさつの締めくくりは、観客によるすみっコたちの写真撮影タイム。大“ひっと”御礼舞台あいさつは、終始笑顔あふれるイベントとなった。

11月8日(金)より劇場公開した本作は、公開4週目を迎え、全国117館で動員数716,224人、興収857,196,900円を突破。国内映画ランキングにて、再び邦画の動員数1位に。全体ランキングでも2位を記録した。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/3(火) 16:14
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ