ここから本文です

マーベル最新作「ブラック・ウィドウ」の特報映像が解禁!

12/3(火) 19:15配信

ザテレビジョン

2020年5月1日(金)公開の映画「ブラック・ウィドウ」の特報映像が解禁となった。

【写真を見る】映画「ブラック・ウィドウ」のポスター

本作は、全世界歴代興行収入世界一を記録した映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」などに登場したキャラクター“ブラック・ウィドウ”の単独映画。

万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントで、超一流の暗殺者であるブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフを、今作もスカーレット・ヨハンソンが演じる。

解禁された映像は、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016年)後からの時代を背景にナターシャの「私には何もなかった」という印象的なせりふで始まる。孤独な暗殺者だった彼女がアベンジャーズの使命にたどり着き「もう過去から逃げない」と、向き合う覚悟を決めている様子が描かれる。

さらに、ナターシャが“妹”と呼ぶエレーナ(フローレンス・ピュー)とのシンクロした戦闘シーンのほか、父・アレクセイ=レッド・ガーディアン(デビッド・ハーバー)、母・メリーナ(レイチェル・ワイズ)も登場。激しく鋭いアクションシーンのみならず、重厚感のある人間ドラマも感じさせる仕上がりになっている。

主演のスカーレットは「この作品は私に“終わり”をもたらすために必要だった」と語り「私のキャラクターにはベールが包まれたところがありますが(『ブラック・ウィドウ』で)彼女は過去と向き合い“自分を許し、自分を愛する”こと、そして家族を描いています。彼女は本当に重大な局面で自分自身と向き合っている。その全てを乗り越えて(観客が知っている)あのキャラクターになっていくの」と、コメント。

強さと美しさを兼ねそなえたナターシャの秘密にも注目が集まる。(ザテレビジョン)

最終更新:12/3(火) 19:15
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事