ここから本文です

アンタッチャブル柴田、コンビ結成秘話明かす「余りもの同士だった」

12/3(火) 20:27配信

ザテレビジョン

12月3日、YouTuberのカジサック(キングコング・梶原雄太)が公開した動画に出演したアンタッチャブル・柴田英嗣が、コンビ結成秘話を語る場面があった。

【写真を見る】深々とお辞儀して感謝の気持ちを述べる柴田英嗣

■ カジサック「柴田さんに感謝しているんです」

柴田は、11月29日放送の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)に出演した際、サプライズで相方の山崎弘也が登場、約10年ぶりとなるコンビ共演を果たし、番組のエンディングでは漫才も披露。

また、12月8日(日)放送の「THE MANZAI 2019 マスターズ」(夜7:00-9:54、フジテレビ系)にもコンビで出演することが発表されている。

そんな中、カジサックは「【神回】アンタッチャブル柴田さんがアンタッチャブルについて語ってくれました」と題して動画を公開。

カジサックチャンネルへの柴田の初登場は、2018年12月。その動画が「昔撮った動画の中でいまだにコメント来る多さNo.1」だったことから、今回柴田が再登場。

「ほんまに柴田さんに感謝しているんです」と熱く語るカジサックは、柴田をもてなすためて料理を披露することに。

さらに、大ファンでもあるアンタッチャブルについても踏み込んだ。

■ コンビ名の由来

「これは全力!脱力タイムズ放送前11月11日に撮影されたものです」とテロップを流しつつ、カジサックが真剣な表情で「いつかまた2人でやられる日が来るのかな」と質問。

これに柴田は、「あるんじゃない?解散してないんだし」と即答。その答えを聞いたカジサックは「相当待ちわびてたと思う」と大興奮で喜んだ。

さらに柴田は、コンビ名の由来について、山崎がコンビ名をつける前日に映画「アンタッチャブル」を見たからだと明かした。

元々は「シカゴマンゴ」というコンビ名で、シカゴが山崎、柴田がマンゴだったという。

コンビ名を変えたきかっけについて柴田は、「シカゴマンゴがきつかったからじゃない?」とあっさり。

また、ライブのチラシを見て、「アンタッチャブル」に改名していたことを知ったと語った。

■ 柴田「こいつボケなのかも」

そして、話はコンビ結成秘話へ。

ボケ志望で人力舎に入った柴田は、余りもの同士だった山崎と渋々「シカゴマンゴ」を結成。

当時の山崎について柴田は、「あまり知らなかった存在を」と話し、「アゴ割れてるね」と山崎に話し掛けると、山崎から「今はね」と謎の答えが返ってきたことから、「こいつボケなのかもしれない」と思ったという。

柴田はボケ志望であることから、「たまたま組んだだけだから解散するかもしれない」「ツッコミは勉強としてやっていた」と告白。

しかし、次第にライブで優勝、年間チャンピオンになったことからコンビを継続することになったと明かした。

これにはカジサックも驚いた様子で「良い話聞けました」とコメントした。

(ザテレビジョン)

最終更新:12/4(水) 14:31
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事