ここから本文です

C・ロナウド、同僚ディバラのゴール阻止が大反響 「ファン・ダイクよりもいいDF」

12/3(火) 19:20配信

Football ZONE web

ゴール前にいたことでディバラのシュートが足に当たり、チャンス逸の格好に…

 ユベントスは現地時間1日、セリエA第14節でサッスオーロと2-2で引き分けた。ホームで手痛いドローとなったなか、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが見せた“超好セーブ”が話題となっている。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えた。

【動画】ユベントスFWロナウド、同僚ディバラの決定的シュートをまさかの“ブロック”

 前半20分、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチのゴールで先制した王者ユベントスだが、その3分後に1点を失うと、後半開始2分には勝ち越し点まで許してしまう。後半23分、今季は公式戦16試合の出場で7ゴールと思うような結果を残せていなかったエースのロナウドが、PKのチャンスをきっちりとものにして、チームは勝ち点1を手にした。

 ところが、注目が集まっているのはゴールを決めたロナウドではなく、ゴールを“阻止”したロナウドだった。後半25分、左サイドのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが猛ダッシュでボールを運ぶと、ペナルティーエリア手前に走り込んだ同FWパウロ・ディバラにパス。ディバラはゴール正面から右足を振り切り鋭いシュートを放ったが、ボールはGKの目の前に立っていたロナウドの足に当たり跳ね返されてしまった。

 まさかの“好セーブ”にツイッター上では、世界最高のDFとされるリバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクを引き合いにロナウドがイジられている。

「クリスティアーノ・ロナウドは、ファン・ダイクよりもいいディフェンダー」
「ロナウドはファン・ダイクよりも上手くシュートを止める」
「受けが悪い意見:ロナウド>ファン・ダイク」
「年間最優秀DF。CR7>VvD」

 最終的に試合をドローで終えたユベントス、リーグ戦順位でインテルと入れ替わり2位に後退。一方でサッスオーロにとっては、“世界最高のDF”のおかげで前人未踏リーグ8連覇を果たしている強豪を相手に見事に勝ち点1を獲得する形となった。

Football ZONE web編集部

最終更新:12/3(火) 19:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事