ここから本文です

久保建英が勝ち取った“信頼” マジョルカ唯一の光明、現地記者も称賛「違いを生み出す」

12/3(火) 20:16配信

Football ZONE web

【スペイン発コラム】4試合連続スタメンが示した意味…久保が攻撃陣の“序列”を変えた

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間11月30日にホームで行われたリーガ・エスパニョーラ第15節ベティス戦で、4試合連続のスタメン出場を果たした。

【動画】「すべての攻撃が経由」とスペイン紙称賛! マジョルカ久保建英、“4人包囲網突破”の華麗ドリブルを見せた瞬間

 久保は前節のレバンテ戦(1-2)に3試合連続でスタメン出場を飾ったが、試合終了間際のシュートがペナルティーエリア内で相手選手の手に当たるもPK判定は下されず、1-2で惜敗した。シーズン開幕からアウェーでは未勝利の6連敗となり、通算成績は14試合終了時点で4勝2分8敗の勝ち点14、降格圏が背後に迫る17位となっていた。

 今回の対戦相手であるベティスは前節、ルビ監督の解任間近と言われたなか、ホームでバレンシア相手にMFセルヒオ・カナレスが試合終了間際にFKからスーパーゴール。2-1と勝利し、3試合ぶりの勝ち点3を獲得した。通算成績は4勝4分6敗の勝ち点16で、マジョルカとは「2」差の15位だった。

 ベティス戦前、久保の4試合連続の先発出場について、スペインメディアの見解が大きく分かれていた。ビセンテ・モレノ監督が、久保とレアル・マドリードの下部組織出身のMFアレイシュ・フェバスのどちらを選択するかに注目が集まったのである。

 しかし、まだコンディションに不安が残ったためか、レバンテ戦を負傷欠場したFWラゴ・ジュニオールがベンチスタートだったため、モレノ監督は迷うことなく久保を再び先発起用した。システムはレバンテ戦の4-2-3-1から4-3-3に変更され、久保は右インサイドハーフでプレーした。

 11月30日のパルマ・デ・マジョルカの気温は15度。3週間前に10度を切り、体が冷え切ったビジャレアル戦に比べると寒さは和らいでいた。試合は開始早々、マジョルカにとって不利な形でスタートする。前半7分、MFイドリス・ババがベティスFWナビル・フェキルにファウルを犯し、MFホアキン・サンチェスのPKで先制点を許したのである。

 いきなりの劣勢のなか、久保は前半13分に右サイドからのカットイン、そして同15分に素早いターンから立て続けにシュートを放った。久保はマジョルカにとって前半唯一の攻撃の光となったが、GKジョエル・ロブレスに阻まれた。

 そして前半33分、ババのコントロールミスに端を発したフェキルの30メートルの位置からのスーパーゴールで、マジョルカはハーフタイムまでに2点のビハインドを背負うことになった。

1/4ページ

最終更新:12/3(火) 22:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事