ここから本文です

京都市民が嘆く「舞妓パパラッチ」の悪行三昧

2019/12/3(火) 16:01配信

東洋経済オンライン

毎年5000万人以上の観光客が押し寄せる京都。暴走する外国人宿泊客によるトラブルが、さまざまな方面にダメージを与えている。「舞妓パパラッチ」も、その1つ。
社会学者の中井治郎氏による、京都を襲う「観光公害の今」を明らかにした新書『パンクする京都 オーバーツーリズムと戦う観光都市』から一部抜粋して、お届けする。

京都市民はなぜ「長男の京大進学」を喜べない?

 この数年で、ガラッと変わった京都の風景。四条通もずいぶん様変わりした。数年も京都にご無沙汰している人が再訪したなら、その変わりように驚くのではないだろうか。なによりも四条通の景色を一変させたのは「世紀の愚策」とまで言われた京都市の「英断」である。

 そもそものきっかけは京都の名物である交通渋滞だった。長年の課題であったこの問題を解決するために、この街の交通のあり方そのものの抜本的な改革に着手することになった京都市は、ついに大英断を下す。それは慢性的な渋滞に悩まされる目抜き通り・四条通の車線を「あえて」削減し、「逆に」歩道を拡幅するという、まさに「その発想はなかった」という歩道拡幅事業であった。

■四条通の主役は「外国人観光客」に

 当然といえば当然なのであるが、その結果、当初は悪夢のような大渋滞と大混乱を引き起こすことになり、京都市のこの歩道拡幅事業の顚末を「“世紀の愚策”か」と書き立てる新聞記事まで出るほどの事態となった。

 しかし、結果的には、この「英断」によって京都の目抜き通りの主役が見事に交代することとなった。車線を減らすことで、四条通は自動車にとって「不便な道」になった。そのおかげで、これまで通りをわが物顔に占拠していたマイカーたちをこの目抜き通りから遠ざけることに成功したのである。

 そして代わりに新たな主役たちがこの四条通にやってくることになった。新しい主役たちはカラフルなリュックサックを背負い、巨大なキャリーケースを転がしながらやってきた。道いっぱいの外国人観光客たちである。

1/4ページ

最終更新:2019/12/3(火) 16:01
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事