ここから本文です

中絶を後押しする「新型出生前診断」の難しさ

12/3(火) 15:00配信

東洋経済オンライン

 大江健三郎が自らの体験を基に、障害児を持った親の葛藤と受容を描いた『個人的な体験』を発表してから半世紀以上。少子化、科学の進歩で問題は複雑化している。数多くの障害児とその家族に接してきた小児外科医は、プラス方向への変化を感じるとともに危機感も募らせている。『いのちは輝く わが子の障害を受け入れるとき』を書いた医師の松永正訓氏に聞いた。

この記事の写真を見る

■「受容」は生涯を通じて成し遂げるもの

 ──受容には個人差がある? 

 寝たきりで言葉ができるかどうかといった重度心身障害児の場合、親が病院に寄り付かない「院内捨て子」になることが今でもまれにあります。が、同じような子でも生まれた瞬間に受容できる親もいる。また、5年、10年と時間をかけて受容する例もあります。3歩進んで2歩下がったり、突然振り出しに戻ったり。それが受容です。

 ──「仮の受容」と書いています。

 経験的に多くの母親は障害のあるわが子の存在を最初から受け止めます。が、「なんでこの病気、この障害に」という点では納得できないことが多い。納得できたと思っても、また涙がはらはらと落ちてくる。真の受容は親が生涯を通じて成し遂げるものかもしれません。

 人生経験も影響します。50年も生きていれば、人生は困難の連続で、それを乗り越えてこそ幸せになれると知っています。こう考えられれば、障害児を授かることは人生における多くの困難の1つですが、20~30代の親は人生の終わりみたいに感じてしまう。

 ──大江作品の主人公も27歳。

 大江健三郎はシンプルな答えを出している。人間、理不尽な状況で逃げ道がなければ引き受けるしかない、と。選択肢がないとわかって、初めて自由になれる。そこからの人生を楽しむか、苦しむかを自分で決められるのです。どっちの例もたくさん見てきました。

 ──楽しめると「第2の誕生」へ。

 誰しもわが子はかわいく、賢く、と願いますが、それが実現しないと悟ると、それまでの価値観を解体するんです。新しい価値観を築き、「この子でも仕方ない」という容認が、時間とともに「この子がいい」という承認になりうる。その時が第2の誕生。わが子を承認できる人は決して不幸ではない。

 障害児を育てている親に話を聞くと、生きるとは何かを深く考えているので、人生が豊かになっているような気がします。

1/3ページ

最終更新:12/3(火) 15:24
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事