ここから本文です

世界最高の右ウインガーは誰だ!RWG能力値ランキング1位~5位、1位に輝いたのは文句なしでこの男! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

2019/12/3(火) 7:00配信

フットボールチャンネル

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

5位:自ら居場所を無くすレフティー

FW:ガレス・ベイル(ウェールズ代表/レアル・マドリー)
生年月日:1989年7月16日(30歳)
昨季リーグ戦成績:29試合8得点4アシスト
市場価格: 6000万ユーロ(約72億円)

 ガレス・ベイルは先月の19日に行われたEURO2020予選のハンガリー戦後に『ウェールズ、ゴルフ、マドリー。この順番』という文字を書いたフラッグを掲げた。これは愚行と言う他にない。

 さて、ベイルの能力値を見るとスピードの項目が抜きん出ているのがわかる。そのスピードを生かしてサイドを突破すれば誰も止めることが出来ない。テクニックもあるため複数の相手に囲まれてもボールを失うことはない。派手なテクニックではなくシンプルな技術で相手を抜く。左足から放たれるシュートはパンチ力があり、ゴールからかなり離れた位置からでもゴールネットを揺らすことが出来る。

 しかしトッテナム時代やレアル・マドリーに移籍をした当初を考えれば、今頃はこのランキングでトップ3を狙えただろう。

4位:創造性に富んだウインガー

FW:アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1988年2月14日(31歳)
昨季リーグ戦成績:30試合12得点12アシスト
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)

 アンヘル・ディ・マリアはフランスの地にやってきて5年目を迎えた。昨シーズンは後半戦に怪我で離脱したものの年間通して大活躍を見せて、30試合12得点12アシストの成績を残した。

 ディ・マリアは突出した部分はないがドリブル、パス、攻撃力、テクニックはどれも世界トップレベル。独特のリズムとボールタッチで観客を沸かせてくれる。パスセンスも素晴らしく長短問わず質の高いパスを供給してくれる。ドリブルとパスを得意としているディ・マリアはフィニッシャーとしても非常に高い能力を持っている。パリ・サンジャルマンの豪華攻撃陣にアクセントを加えてくれる存在だ。

 ディ・マリアのプレーは見ていて非常に楽しくなる。誰も思いつかない創造性に富んだプレーが醍醐味だ。残りの試合、どのようなプレーで我々を魅了してくれるだろうか。

1/3ページ

最終更新:2019/12/5(木) 12:25
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事