ここから本文です

タワマン意外なトラブル 隣人の音漏れ、浴室の悪臭、風揺れ

2019/12/4(水) 16:00配信

マネーポストWEB

 前出・長嶋氏が解説する。

「タワマンはホテルのような“内廊下式”の構造であることがほとんど。一定の換気をしていても、臭いはこもってしまう。ペット飼育可の物件はとくにトラブルが多い傾向があります」

 また、「眺望の良さ」がデメリットに転じるケースもある。海を一望するベイエリアのタワマンに住む医師のC氏(39歳)の訴えはこうだ。

「大きなガラス窓から街を見下ろす眺望の良さが気に入り購入しましたが、日中は西日が直射して温室状態。11月に入っても天気のいい日はエアコンをつけないといられない。思った以上に電気代がかさみます」

 前出・長嶋氏によれば、最近はサッシの性能が向上し遮熱性が高くなったものの、築10年以上の物件では珍しくないことだという。

 代々続く老舗和菓子店の経営者、D氏(67歳)は、これまで暮らした築40年の木造戸建て住宅を手放し、タワマンへの転居を決意した。ところが──。

「地震に強いタワマンなら、妻も安心して暮らせるだろうと思ったのです。ところが、高層階は強風が吹くと揺れを感じることがある。私はあまり気になりませんが、妻は敏感で乗り物酔いのような症状が頻繁に現われてしまう。『もう限界』と引っ越しを迫られています。また朝夕のラッシュ時は、10分近くエレベーターを待たなければならないことも誤算でした。万一、救急車を呼ぶような事態が起きたとき不安ですよね」

マンションが傾いた

 これはタワマンではないが、2015年には横浜で「マンションが傾く」という驚くべき事態が発覚した。2007年に完成、三井不動産レジデンシャルが販売した「パークシティLaLa横浜」(4棟705戸、各12階建て)で、マンションを支える基礎杭の一部が、地盤の支持層に達していないことが発覚。同時に施工業者のデータ改ざんが明るみに出た。

 その後、すべての建て直しが決まり、住民には慰謝料が一律300万円、建て替えに伴う家賃補償は最大で月額30万円前後支払われることになった。だが、「お金では済まない問題も起きている」と住宅ジャーナリストの榊淳司氏は指摘する。

「仮住まいの賃貸マンションを借りようとした高齢の住民が審査に通らないケースが出たほか、転校を嫌がる学齢期の子供が、転居先から遠路を越境通学するケースもあったと聞いています」

 マンションといえど、人が造るもの。瑕疵をゼロにすることはできないが、こうした欠陥の情報は表面化しにくいという。

「是正を求めて裁判を起こしても、住人に有利な判決が出るのは稀。また、マンション名が公表されることで資産価値の低下にもつながる。そのため、管理組合ぐるみで泣き寝入りしてしまうことも多いのです」(榊氏)

 憧れのタワマン生活、住人には「住めば都」と割り切れない苦悩も多いようだ。

※週刊ポスト2019年12月6日号

2/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 17:17
マネーポストWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事