ここから本文です

「道明」の帯締めで教わりました。ワンランク上のきものコーディネートが叶う帯締めの選び方

2019/12/4(水) 7:10配信

家庭画報.com

【連載】新人きものライターE子&A子の「イチから始めるきもの道」

きものSalon編集部で働く新人きものライターの2人(E子とA子)が、「きもの道」を究めるべく大奮闘! 今さら聞けないきものの基本、皆さんもご一緒にこっそり楽しく学びませんか。

帯締めを効かせたコーディネートができません

きものはお出かけ前のコーディネートを考える時間も楽しいですよね! わたくしE子もお出かけ前夜(いやもっと前!?)から楽しんでいますが、いつも帯締めになるとその手が止まってしまいます……。

“帯締めは帯に使われている色を使うといいでしょう”

以前、本で見かけたこの選び方しかできないのです。ということは、帯に使われている色の帯締めがないとお手上げ。それなら色数を増やすしかないと、夜中にインターネットで帯締めをあれこれ眺めていたところ、ある疑問が浮かんできました。

そういえば、きものSalonの先輩方はどうやって帯締めを選んでいるのでしょう?

いく日か過ぎたある日のこと、「インターネットって便利ですね~」と編集部でのん気に話していたら、前回正倉院展の魅力を教えてくださったベテランエディターの相澤慶子さんから愛のムチ。

相澤慶子さん(以下、相澤)「パソコンの画面ではわからない微妙な色合いが大切なんですよ。今度合わせたい帯を持ってきて。とにかくネットで買うなんて100年早い!」と。

す、すみません! でもこれは大先輩に教えてもらえるチャンスです。「帯に使われている色を使う」以外の合わせ方、学んで参ります!

帯締めは馴染ませるか、効かせるか。相澤慶子さん直伝、初心者におすすめの効かせ技

今回は創業360年の老舗、「有職組紐 道明」さんにご協力をいただき帯締めをお借りしました。早速ですが、E子が自宅から持って行った白地の袋帯を相澤さんに見てもらいました。

相澤「あら、とても便利そうじゃないですか。ちなみにきものは京絞り寺田のつけ下げと合わせたいのかしら?」

ご名答でございます!

わたくしこの組み合わせの時は、きものや帯に使われているグレーっぽい帯締めしか選べません。

相澤「馴染ませるのもいいと思いますよ。帯締めは馴染ませるか、効かせるかですからね。でもグレーはあなたがキレイに見えませんよ!」

相澤さん、私は「馴染ませる」しかできないんです! 効かせ技がうまくいかなかったら、その日ずっと悪目立ちしてしまうのが怖いんです。

相澤「なるほど。では初心者でもできる簡単な効かせ技で選んでみようかしら。帯が白地できものも薄いグレーなのよね……」

そう言って相澤さんが桐箱に収められている数多の帯締めを見つめます。

相澤「これがいいわね」

1/4ページ

最終更新:2019/12/4(水) 8:54
家庭画報.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事