ここから本文です

【飲み比べ】冬の缶チューハイ 美味しいのはどれだ!?

2019/12/4(水) 11:30配信

MonoMax Web

最近のレモンサワーブームの影響から、缶チューハイも盛り上がりを見せています。以前から期間限定フレーバーが数多く登場する缶チューハイですが、自宅で飲む機会が多くなる冬は、よりバラエティに富んだ缶チューハイが登場する季節。缶チューハイメーカー各社に、今年の冬のイチオシを教えてもらい、飲み比べてみました!

柚子の甘酸っぱさが好きな人にはたまらない!

アサヒビールの「アサヒもぎたて 冬限定すっきり香る柚子」は、収穫後24時間以内に、皮ごと搾った柚子の果汁を使用し、豊かな香りとすっきりとした酸味が持ち味。「鍋や和食にも合いますが、柑橘系の豊かな香りと酸味は、洋風な味付けにもぴったりです」(広報担当者)。

【飲んでみた】
柚子のフルーティーな風味と甘味が感じられ、甘酸っぱさがちょうどいい感じ。アルコール度数9%なのにごくごく飲めて、後味もすっきり。柚子の味が前面に出ているので、フルーツ好きな人はハマりそう。

アサヒビール アサヒもぎたて 冬限定すっきり香る柚子 希望小売価格¥141(税抜き)

柑橘特有のさっぱり酸味を楽しみたいなら!

キリンビールの「キリン 本搾り(TM)チューハイ 冬柑(期間限定)」は、柚子をメインに、5種の柑橘(柚子・グレープフルーツ・レモン・すだち・かぼす)が使用されており、本搾りシリーズならではのブレンド技術によって、上品な香りとほのかな苦味が特長。「冬の食卓にぴったりの味覚に仕上げました。あたたかなお鍋などと一緒にどうぞ」(広報担当者)。

【飲んでみた】
甘さ控えめな柑橘の風味は、スッキリとした飲み口で、ほのかな酸味と苦味が心地よく感じられます。炭酸も押さえ気味な印象で、5種の複雑な柑橘の味わいをしっかり楽しめます。辛口っぽいお酒が好きな人によさそうです。

キリンビール キリン 本搾りTMチューハイ 冬柑(期間限定) オープン価格

レモン好きでお酒好きならこの1本!

サントリーの「こだわり酒場のレモンサワー」は、レモンありのままの美味しさを追求した、レモン果実浸漬酒を使用し、原料酒の黄金比ブレンドによって、お酒の余韻を楽しめる缶チューハイ。「お店で飲むようなレモンサワーが家庭でも楽しめるので、(焼き鳥のような)居酒屋メニューに合います。仲間とワイワイ飲んでも1人で飲んでも楽しめます」(広報担当者)。

【飲んでみた】
レモンの酸味とフルーティーさがストレートに伝わり、さっぱりとした中に深いコクが楽しめます。後味もすっきりとしてキレがありつつ、レモンのさわやかな余韻があるのもまたいいです。一口、また一口とついつい飲み進めてしまう感じは、たしかに居酒屋で飲むときの美味しさ。お店の雰囲気で飲むのが好きな人に刺さりそう。

サントリー こだわり酒場のレモンサワー ¥141

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 12:31
MonoMax Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事