ここから本文です

【デモ隊の告白9】「警察を調査しないと、みんなの気が済まない」駅で花を供える女性

2019/12/4(水) 16:49配信

ニューズウィーク日本版

<区議選で民主派が圧勝したが、再びデモ隊と警察との衝突が発生。香港はこれからどうなるのか。デモ参加者たちが何のために戦ってきたか、それぞれの本音を聞いた本誌「香港のこれから」特集より>

香港で逃亡犯条例改正案に反対するデモが始まって6カ月。身の安全を守るため、デモ参加者のほとんどはマスクで顔を隠してきた。

【動画】デモ参加者と見られる女性を警察が拘束する瞬間

時に暴徒と非難されながら、彼らは何のために戦ってきたのか。その素顔と本音を香港人の写真家・ジャーナリストが伝える。

本誌12月3日号(発売中)「香港のこれから」特集で取り上げた、15人のデモ参加者による「仮面の告白」。その1人をここに掲載する。

<駅で花を供える女性 蔡(21)、陳(21)>

■蔡

もともと社会問題にはさほど関心がないが、6月9日に友人が逮捕されたことで心が痛み、運動に参加するようになった。

(太子駅に)花を供える行動で、MTR(香港地下鉄)などの関連組織に圧力をかけ、監視カメラの映像や証拠を提出させたい(太子駅構内で8月31日深夜に発生した警察によるデモ隊の排除で、デモ隊側に死者が出たと信じられている)。

(運動が収まるために必要なのは)警察部隊を解散させること。ブラックな警察を徹底的に調査しないと、みんなの気が済まない。香港の問題はどれも水面下にある。一度に全ての問題を解決しようとするのは難しい。香港政府は共産党政権に支配されているので、楽観視できない。

■陳

8月下旬までは外国で遊学していた。気がとがめ、香港に戻ったら何としても抗議活動に参加したいと思った。

警察側は駅を全面的に封鎖し、監視カメラの映像も公開せず、(8月31日の)事件のてん末を説明しなかった。疑惑は膨らむ一方で、負傷者の状況や死者の有無も未知のまま。(花を供えることは)何の力にもならないかもしれないが、私にできることはこれしかない。

香港人は優しくて素晴らしい人ばかり。香港人でいるだけで希望はある。

<2019年12月3日号「香港のこれから」特集より>

チャン・ロンヘイ(写真)、ウィニー・ウォン(文)

最終更新:2019/12/4(水) 16:49
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事