ここから本文です

ゾウを大量殺害から守る「最強レンジャー部隊」

12/4(水) 7:33配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

NPO「アフリカン・パークス」は新しい手法を採用し、自然公園を再生する

 アフリカ中央部の内陸国、チャド南東部にあるザクーマ国立公園は、たびたびゾウをめぐる戦いの場となってきた。半世紀前には国全体で30万頭ほどいたゾウだが、80年代半ば以降、武装した密猟者たちによる大量殺害で激減した。ザクーマに残った約4000頭は、国内最大の個体群だったが、公園はゾウが安心して暮らせる環境ではなくなっていた。

最強レンジャー「アフリカン・パークス」

 さらに、2001年からの10年間に、ザクーマのゾウの9割以上が殺された。ほとんどが、東の隣国スーダンから襲撃してきた、軍隊並みに武装した騎馬の密猟団「ジャンジャウィード」の仕業だった。

 だが2010年、チャド政府の招きで「アフリカン・パークス」(AP)というNPOがザクーマの管理を引き継ぐと、その勢いはぱたりと収まった。APは、自然保護活動家たちによって、2000年に設立された。彼らは公園の管理を任せてもらう条件で、その再生と運営に関する協定を各国政府と結んでおり、現在はアフリカの9カ国で15カ所の国立公園や保護区を管理している。

再び数を増やし始めたゾウ

 ザクーマには、よく訓練され、十分に武装した100人を超すレンジャーが配備されている。大半は男性だが女性もいる。ザクーマの公園管理者を務めるレオン・ランプレヒトは、APが考える公園の課題をピラミッド形の図に描いて説明してくれた。

 最も下の土台となる部分が、取り締まり体制やインフラの整備、頼れるスタッフだ。それが健全な地域の基本となる。その上で、地元のための地域開発や観光、生態系調査など、ピラミッドの上層にある課題に進むことができると考えている。

 中央制御室の壁には、APがこの公園を管理するようになってから失われた命を悼むプレートが掛けられていた。数は多くないが、大いに惜しまれる犠牲だ。「2010年10月24日、ザクーマ国立公園、ゾウ7頭」「2010年12月19日、ザクーマ国立公園、ゾウ4頭」などとある。1枚1枚が、弔いの鐘のように胸に響く。

 なかに、同じように簡潔な表現ながら、特別な意味をもつプレートがあった。「2012年9月3日、ヘバン、監視員6人」。ヘバンと呼ばれる丘で、6人のレンジャーが密猟者に殺害された事件だ。

 犠牲になったレンジャーもいたが、APはゾウの大量殺害を食い止めてきた。2010年以降に殺されたゾウは24頭にとどまり、失われた象牙は1本もなかった。ジャンジャウィードは、一時的にせよ撤退し、警備の手薄なほかの土地へ行った。こうして数十年にわたる恐怖と混乱を乗り越え、ザクーマのゾウは再び数を増やし始めた。現在の個体数には約150頭の子ゾウが含まれる。健康と希望の証しだ。

※ナショナル ジオグラフィック12月号「アフリカの自然公園を危機から救う」では、密猟などの脅威から動物を守り、自然公園の再生の取り組むアフリカのNPOを紹介しています。

文= デビッド・クアメン/ジャーナリスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事