ここから本文です

【新型EVやあの超豪華ミニバンも導入!!】おそるべきレクサスの新車攻勢!!

12/4(水) 9:01配信

ベストカーWeb

 レクサスは、中国・広州で2019年11月22日~12月1日に開催された広州モーターショーで、レクサス初の電気自動車(EV)の市販モデル「UX300e」を世界初公開した。

【画像ギャラリー】レクサスの気になる2台「UX300e」と「LM300h」を詳しくチェック!

 2019年10月23日から開催された第46回東京モーターショー2019で、電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開し、2020年からEV専用モデルを発売していくという計画を発表したレクサスの市販化第一弾となるモデルだ。

 日本への投入も公式アナウンスされているUX300eとは、どのようなクルマなのか紹介していきたい。

 また、ミニバンに縁のなかったレクサスが、2019年4月に中国で発表した「LM300h」についても、日本市場導入に関する最新情報を紹介したい。トヨタからラグジュアリーミニバン「グランエース」が発売されたこともあり、気になるところだろう。

 販売店取材に定評のある流通ジャーナリスト、遠藤徹氏に、実際にレクサスディーラーを回って計画と期待について調べてもらった。

文/遠藤徹
写真/LEXUS

■2021年にレクサスが日本への市販EVを投入決定

 ロサンゼルスオートショーで、レクサスから市販EVとなる「UX300e」が発表された。2020年から中国、欧州を皮切りに、日本にも2021年初めに投入する予定だという。このモデルは現在売られている「UX」がベースとなっている。

 2Lガソリンは「UX200」、2Lハイブリッドが「UX250h」と呼称されていることから、この電気自動車バージョンとして「UX300e」のネーミングが与えられる。国内バージョンは2020年末ないしは2021年初めに発売開始する見通しである。航続距離は400kmといわれる。

 UXシリーズの車両本体価格は397万2222~544万9074円、日産リーフが330万3300~481万6900円であることから、UX300eは550~650万円あたりの価格設定になりそうだ。ボディサイズは全長4495×全幅1840×全高1540mm、ホイールベース2640mm、トレッド前1550mm、同後1560mmで現行UXと同じ寸法を採用。ボディパネルは、アルミホイールとエンブレム以外はほとんど同じになると思われる。

1/3ページ

最終更新:12/4(水) 9:01
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事