ここから本文です

ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

2019/12/4(水) 17:39配信

ニューズウィーク日本版

<定期的に髪を染めたり縮毛矯正をしている女性は、乳がんの発症リスクが高くなる。カラー剤などに発がん性物質が含まれているためだ>

ヘアカラー(一度染めたら落ちないもの)で定期的に髪を染めている女性は、乳がんになるリスクが最大60%増すとの研究結果が、学術誌「インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー」に掲載された。

【動画】加工した自撮り写真のように整形したい女性たち

4万5000人以上の女性の医学的記録を検証した結果、ヘアカラーの使用歴と乳がんの発症率の間に正の相関関係があることが判明した。この傾向は、特に黒人女性の間で顕著になるという。

この論文は、統計的なパターンや傾向の分析を行ったもので、ヘアカラーが乳がん発症の直接的な原因だと証明するものではない。しかし、広く普及した美容製品に発がん性物質が含まれていることを示唆する研究結果は過去にもあり、今回の研究もそうした研究と一致する。

研究によれば、ヘアカラーで定期的に髪を染めている女性は、女性全体では乳がんを発症するリスクが9%増えるという。黒人女性に限ると、発症リスクは45%増と大きく上昇する。

<濃い色ほど高まる発症リスク>

女性が使うヘアカラーのタイプによっても、乳がん発症のリスクに変化があった。髪を濃い色に染めるカラー剤の場合は、黒人女性で51%、白人女性で8%のリスク増となる。明るい色に染めるカラー剤では、黒人女性で46%、白人女性で12%のリスク増となった。

人種によってリスクに差が出る理由はわかっていないが、黒人向けと白人向けではカラー剤の成分が異なることに関連するかもしれない。黒人女性向けのカラー剤には、内分泌をかく乱する化学物質がより高いレベルで含まれていることを示す研究もあるという。

化学薬品を使った縮毛矯正と乳がんリスクの間にも、統計的に有意な相関関係があることが明らかになった。だが研究チームは、この結果については他の研究による検証が必要な点を強調している(いくつかの研究は、縮毛矯正剤には乳がんを引き起こすリスクはないと結論している)。

縮毛矯正で乳がんを発症するリスクは女性のあらゆる層で上昇した。人種を問わず、縮毛矯正剤を5~8週間に1回以上用いる女性では、乳がんのリスクが30%増加したのだ。

研究チームの一員で、米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)で疫学部門のトップを務めるデイル・サンドラー博士は、カラー剤や縮毛矯正剤を利用する女性に対し、人々は日常的に他にも多くの発がん性物質に接している点を指摘して、注意を促した。

一方、ロンドン大学がん研究所(ICR)で疫学を研究する上級研究員マイケル・ジョーンズは、この件に関して正式な勧告を出すには時期尚早だと釘を刺す。

<もっとエビデンスを>

「たった1つの研究だけで正式な勧告を出すのは時期尚早で、さらなる研究が必要だ。勧告の作成にはエビデンスの集約が不可欠だ」と述べた。さらに、今回の研究には限界があることも、ジョーンズは指摘した。

「この研究の対象になった4万6000人以上の女性たちは、姉妹に乳がん患者がいた女性たちだ。従って、今回の結果がより幅広い層の女性にも当てはまるとは断言できない」とジョーンズは述べた。

髪を染めたい女性は、一時的に染めるだけにするか、薬剤の含有量が少ないカラー剤を使うようにしたい。髪を染めていない女性と乳がん発症のリスクにほとんど差はない。

(翻訳:ガリレオ)

ロージー・マッコール

最終更新:2019/12/4(水) 20:13
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事