ここから本文です

難民キャンプ出身の19歳アダット・アケチが、モデル界の「今年の顔」に

2019/12/4(水) 22:01配信

コスモポリタン

12月2日(現地時間)、英国ファッション協会が主催する「ザ・ファッション・アワード」がロンドンで開催に。英ファッション界のアカデミー賞と呼ばれる同アワードの中で、例年特に注目を浴びるのが、その年を象徴するモデルが選出される「モデル・オブ・ザ・イヤー」。そんな栄誉ある賞を今年受賞したのは、難民出身のアダット・アケチ(19歳)。

【写真】「今年の顔」に選ばれたアダット・アケチのドレスルック12連発

一年を通して、モデル業界を牽引してきたモデルに与えられる「モデル・オブ・ザ・イヤー」。過去には、ケイト・モスやカーラ・デルヴィーニュ、ジジ・ハディッドなどが受賞し、昨年はカイア・ガーバーが選ばれたことでも話題に。

カイア・ガーバーは今年もノミネートされており、他にもまだら肌のトップモデルであるウィニー・ハーロウなどもノミニーとして名前が挙がっていた。そんな激戦を勝ち抜き、今年の受賞者となったのが、難民キャンプ出身のアダット・アケチ。

アダットは、自身の境遇をふまえたパワフルな受賞スピーチを披露。

「私のような境遇で育った者が、このような賞をいただけるのはとても珍しいことだということをどうか覚えておいてください。この賞は、私の活動を、自分たちの象徴として受けとめてくれている若者たちに捧げます。私がかつて夢見ていた時期があったように、彼らも自分の夢を追いかけることを恐れないでほしいです」

「モデルでも、俳優でも、医療でも、何かやりたいことがあるのなら自分を信じて、と伝えたいです。周りからの『不可能だ』という言葉に、どうか惑わされないで」

ここからは、今後ますますの活躍が期待されるアダットについて、その魅力を深掘りしてお届けします!

難民出身のモデル

アダットが寄稿した記事によると、南スーダン出身である彼女は、両親がケニヤの難民キャンプへ向かっていた最中に生まれたのだそう。5歳まで難民キャンプで過ごし、8歳でオーストラリアへ移住。初めは英語を話せなかったため、世界中から集まった子どもたちが英語を学ぶ学校で勉強をしていたとのこと。

その後、一般的な学校へ編入したものの、背が高いことやすきっ歯であることが原因でいじめの被害に…。しかし今では、それらの特徴こそが彼女の個性だと感じられるようになったそう。

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 22:01
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事