ここから本文です

なぜ25歳の主力が“戦力外”に? どこよりも分かりやすい「ノンテンダー」解説

2019/12/4(水) 11:00配信

THE DIGEST

 12月2日(現地)、年俸調停権を有する選手への契約申請が締め切られ、40人の選手が来季の契約を提示されずに「ノンテンダー」、つまり事実上の戦力外となった。その中に主力級の選手が数多く含まれていることが話題になっている。

 ざっと挙げるだけでも、今季フィリーズで正二塁手として161試合に出場して打率.279、14本塁打を記録したセザー・ヘルナンデス(29歳)、同じ二塁手でゴールドグラブを獲得したヨルマー・サンチェス(27歳/ホワイトソックス)、昨季リーグ3位の38セーブ、防御率0.78と歴史的な快投を見せたブレイク・トライネン(31歳/アスレティックス)がノンテンダーとなった。

 特に意外だったのがホゼ・ペラーザ(レッズ)だ。今季は不振だったものの、昨季は正遊撃手として打率.288、15本塁打、23盗塁を記録したペラーザはまだ25歳。鈴木誠也(広島)や京田陽太(中日)、田村龍弘(ロッテ)と同じ年の主力選手が“戦力外”になるとは、日本の感覚からするとちょっと理解しがたい。

 では、なぜこんなことが起きるのか。その理由は冒頭でも言及した「年俸調停制度」にある。少し回り道しながらではあるが、じっくり説明していこう。

 年俸調停権とは、球団が提示する年俸に選手が異を唱え、第三者で構成される調停員会に訴えることができる権利で、メジャー経験3年以上の選手に与えられる。調停では、球団側と選手側がそれぞれ希望条件を出し、第三者がどちらかの主張を支持することで年俸が決まる。

 実際に調停まで進むケースはそれほど多くないが、この権利を得た選手は決まって年俸が大きく上がる。有名な例では、2017年オフに年俸調停権を取得したクリス・ブライアント(カブス)は前年の105万ドルから1085万ドル、日本円で計算すると、約1億1500万円から11億8500万円(!)へ一気に跳ね上がった。

 逆に言うと、年俸調停権を得ていない選手は基本的に球団の言い値を呑むしかないので、新人王を獲ろうがMVPを獲ろうがあまり年俸は上がらない。実際、先のブライアントは新人王を獲得した翌年の昇給はわずか15万ドル、MVP獲得の次の年も35万ドル程度しか上がらなかった。それが、無冠のシーズンでも調停権を得た途端に10倍も上がったのだ。このように、MLBの年俸上昇モデルは日本とはかなり違う。

 MLBの年俸調停制度には、もう一つ大きな特徴がある。それは、球団によって選手の評価がばらつくことがほぼないということだ。先日、祖父江大輔(中日)の年俸が実績に比して低すぎるとして話題になった。是非はともかくとして、確かに日本では似た成績の選手でも球団によって年俸に大きな差が出ることが珍しくない。

 しかしMLBでは、第三者で構成される調停員会が最終的な決着場となっているため、その前段階でもおおよその「目安」を球団も選手も、さらにはファンも共有しているのだ。たとえば「MLBトレード・ルーマーズ」では、年俸調停権を持つ選手全員の来季予想年俸額がずらりとリストアップされている。そして、実際に妥結する額もそこから大きく外れることはほとんどない。

 ここでようやく本題に戻る。「なぜまだ若く、実力もある選手が“戦力外”となるのか?」。ざっくり言うとその理由は、「球団がその選手の予想年俸額を高すぎると思っているから」だ。

 たとえば、ヘルナンデスは今季年俸775万ドルに対し、来季の予想額は1175万ドルとなっている。これなら、もっと安い額で同等の力量を持つ選手を探せる、もしくはその資金を使って他のポジションを補強するほうが理に適っている、とフィリーズは考えたのだろう。ペラーザの場合は、今季年俸が277.5万ドルで来季の予想額が360万ドル。MLBの基準では決して高い額ではないが、それでもレッズはノンテンダーとすることを選択した。

 もっとも、“戦力外”とは言っても、ノンテンダーとなった選手が元球団と再契約することもできる。たとえばフィリーズは「1175万ドルのヘルナンデスは高すぎるが、850万ドルなら契約してもいい」と考えるかもしれない。この場合、ヘルナンデスにとっても小幅ながら昇給することになるので、決して悪い話ではない。

 このように、良し悪しはともかく徹頭徹尾ビジネスの力学が大きく働くのがMLBの契約事情だ。公平で透明性も高いが、その分シビアでもある。そこからすると、「1時間粘って100万円の昇給を勝ち取った」というような日本の契約更改には微笑ましさすら感じる。

文●久保田市郎(スラッガー編集長)

最終更新:2019/12/4(水) 13:18
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事