ここから本文です

ナオミ・キャンベルが思わず涙! ファッション・アイコン賞受賞に称賛の声も

2019/12/4(水) 21:23配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ナオミ・キャンベルが、2日に行われたブリティッシュ・ファッション・アワードで「ファッション・アイコン」賞を授賞。スピーチで感極まった。ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールのステージで、キャンベルは「母親であり父親として、一人で私を育ててくれた」と母に感謝しながら、泣きだした。

【写真】“異次元”スーパーモデル、ナオミ・キャンベルの伝説的ランウェイルック

そして、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)の煌めくドレスを着たキャンベルは、観客に「この賞を授賞した黒人女性は私が初めてだと、今日、知りました」と、語った。

それを彼女自身のアイコンにオマージュを捧げる機会ととらえ、「だから、私自身がスタイル・アイコンと思っている人をあげたいと思います。グレース・ジョーンズ、ジョセフィン・ベイカー、アーサー・キット、ドニェール・ルナ、ベサン・ハーディソン、ナオミ・シムズ、ドロシー・ダンドリッジ、ダイアナ・ロス、ダイアン・キャロル、ジャネット・ジャクソン、ティナ・ターナーです」

「もっとたくさんいますが、私に道を開いてくれたことと、同世代をインスパイアしてくれたことに感謝したいと思います」と、語った。

49歳のファッション・アイコンであるキャンベルは、15歳の時、ロンドンのコヴェント・ガーデンの近くでスカウトされた。同夜のアワードでは、ファッション界への貢献と見事なキャリアとともに慈善活動を行っていることが認められ、表彰された。

バートンは、マックイーンの2020年春夏コレクションにストーリー性のあるアプローチをしたことと、イギリスの職人技を支持していることで、名誉ある同賞が授与された。

英ファッション・カウンシル(BFC)のキャロライン・ラッシュ最高経営責任者は「サラはショーで人々に力を与える物語性あるアプローチをしたり、コミュニティにフォーカスして、職人技やテクノロジー、イギリスの遺産といったものの価値を認める仕事をしたりしていることで、現在、もっとも尊敬されるデザイナーの一人になっています」と、述べている。

「Trailblazer Award」は2018年のファッション・アワードから特別賞のひとつとして導入された賞で、過去一年間に、流れを一変させるような仕事をしたファッション界の革新者やクリエイティブを讃えるものだ。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR UK

最終更新:2019/12/4(水) 21:23
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事