ここから本文です

ビリー・アイリッシュ、初開催のアップル・ミュージック・アワードで3冠!

2019/12/4(水) 21:51配信

VOGUE JAPAN

初開催となるアップル・ミュージック・アワードでビリー・アイリッシュが、3冠を達成した。グローバル・アーティスト・オブ・ザ・イヤー、そして兄でコラボレーターであるフィニアスとともにソングライター・オブ・ザ・イヤー、さらにはデビューアルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』が今年最もストリーミングされたアルバムに贈られるアップル・ミュージックス・アルバム・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

ビリー・アイリッシュのフォトギャラリー。

またリゾがブレイクスルー・アーティスト、リル・ナズ・Xの大ヒット曲『オールド・タウン・ロード』がソング・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。リル・ナズ・Xは同曲についてアップル・ミュージックにこう話している。「全てに背を向ける必要のある、一匹狼のカウボーイの世界を歌っているんだよ」「それに今流行りのミーム・カルチャーも取り入れたかった。耳に心地よく、キャッチーな歌にしてね」

今回、受賞者に手渡されるのは12インチのシリコンウェハーで、アップル・ミュージックのオリヴィエ・シュッサー副社長はこう話す。「アップル・ミュージック・アワードは世界中で人気のアーティスト達の情熱、エネルギー、そして創造力を称賛するものとなっています」「今回最初の受賞者となった多彩なアーティスト達は世の中に発信し、文化に影響を与え、世界中のリスナーにインスピレーションを与えました」「彼らを称えることを心から楽しみにしています」

記念すべき第1回アップル・ミュージック・アワードは、12月4日に世界中でライブ配信される予定で、会場となるカリフォルニアのスティーブ・ジョブズ・シアターではビリーがパフォーマンスを行う。

最終更新:2019/12/4(水) 21:51
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事