ここから本文です

「結婚しない」ことを選択した女性の人生におけるデメリットは?

2019/12/4(水) 19:20配信

with online

結婚歴が一度もない「生涯未婚率」の割合が高まり、「結婚したくない」と考えている女性が増加して久しいといいます。そんな女性たちの「結婚したくない理由」とは、どんなものなのでしょうか。この記事では、「結婚しない」女性と「結婚できない」女性の違い、結婚したくないと考える男性の本音について迫ってみます。

老後や世間体が気になる?結婚しないデメリット

結婚しないことによるデメリットには、次のようなことが挙げられます。

・老後が心配になる
若いうちは、老後のことまで考える機会はあまりないと思います。しかし、年齢を重ねていったとき、結婚せずにひとりでいると、ふと老後が心配になるときがやってくるかもしれません。自分が年老いたとき、当然自分の両親はもういないでしょう。友人たちも、自分の家族に忙しく、あなたを気にかけてくれることも少なくなるはずです。老後の病気や事故に、自分ひとりでどう対処していけばいいのか、心配に感じることが出てくるでしょう。

・まわりの目が気になる
男性でも女性でも、結婚しないことが認められてきてはいるものの、「ある程度の年齢になったら、結婚するのが普通」というのが、世間一般の考え方ではないでしょうか。だから、結婚をしないことを選んだ女性がいると、「何か問題がある人なのでは…?」とか、「結婚したいのにできない、かわいそうな人なのね」などと、勝手に思われてしまうかもしれません。

・経済面で不安がある
社会で活躍する女性は増えているけれど、それでも男女で比べてみると、女性の収入は男性の収入より少なめとなるケースが多いもの。今はひとりで暮らすことができていても、将来的に経済面で不安を感じる場面が出てくるかもしれません。また、ひとりだと、万が一病気やケガで働けなくなったとき、経済的に頼れる人がいないということにもなりかねません。

自立している証。結婚「しない」と結婚「できない」は違う

結婚適齢期を過ぎた未婚の女性がいると、「結婚したいのにできない人」と見られることがあるかもしれません。でも、「結婚を希望しているけれど、結婚できない女性」と、「最初から結婚しないことを決めている女性」では、大違い。「結婚しない」という選択肢を選んだということは、結婚して男性に頼らなくても自立している女性ということ。経済的にも精神的にも、ひとり立ちした女性と言うことができます。

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 19:20
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事