ここから本文です

【RIZIN】王者イリー・プロハースカが元UFCのCB・ダラウェイとライトヘビー級王座防衛戦=12月31日(火)「RIZIN.20」

2019/12/4(水) 18:27配信

ゴング格闘技

2019年12月29日(日)、31日(火)にさいたまスーパーアリーナにて開催される「BELLATOR JAPAN」(29日)および「RIZIN.20」(31日)の追加対戦カード発表記者会見が、12月4日(水)14時から都内にて行われた。

【写真】10月の大阪大会で元UFCのマルドナドを1R KOに下したプロハースカ

12月31日(火)「RIZIN.20」で、RIZINライトヘビー級(93kg)タイトルマッチ(5分3R・ヒジあり)として、同王者のイリー・プロハースカ(チェコ)が、元UFCのCB・ダラウェイ(米国)の挑戦を受ける。

“チェコの怪鳥”プロハースカは、2015年年末のRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYSのヘビー級トーナメントで石井慧、ワジム・ネムコフを破り、決勝進出。キング・モーに敗れ準優勝に。その後、驚異の9連勝を遂げていた。

2019年1月には、UFCからチェコ大会のオファーを受けていたが、RIZINでの王座獲得を目指すことを優先し、2019年4月21日、RIZIN.15のライトヘビー級タイトルマッチでキング・モーと再戦。3R TKO勝ちで初代王座獲得に成功した。

対するCB・ダラウェイは元UFCファイター。アリゾナ州立大学時代はNCAAディビジョン1でレスリングに励み、オールアメリカンに選出されるなど多くのタイトルを獲得。バッド・ボーイ・ボクシングでも優勝経験を持つなどスタンド技術にも長けている。

2008年、リアリティ番組「The Ultimate Fighter」のシーズン7で準優勝以降、UFCで11勝9敗を挙げた。前戦は2018年9月のUFCでのハリド・ムルタザリエフ戦。2R終了時に試合続行不可能でTKO負けを喫しており、今回が1年3カ月ぶりの試合となる。

2018年9月の試合後、全米アンチドーピング機関(USADA)はダラウェイについて、2018年12月19日と2019年2月9日に実施した抜き打ち検査で陽性反応が出たこと、さらに2018年12月13日に制限を超える静脈内(IV)点滴を受けていたことを発表。米国では2018年12月13日から2年間の出場停止処分が下されていた。

ダラウェイは、レスリング&ボクシングの巧者ながら、ペルヴィアン・ネクタイ、ダースチョークの使い手としても知られており、寝技の展開をあまり見せていないプロハースカにとって、難しい相手であることは間違いない。

キング・モーやネムコフを破るなど、かねてからワールドクラスと呼ばれていたプロハースカの真価が問われるカードだ。

最終更新:2019/12/4(水) 18:27
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事