ここから本文です

『トップナイフ』三浦友和の秘書役で宮本茉由が出演 「必死についていけるように頑張ります!」

2019/12/4(水) 14:03配信

リアルサウンド

 天海祐希が主演を務める2020年1月クールの日本テレビ系土曜ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』に、宮本茉由が出演することが決定した。

 本作は、外科医の中でも一握りの“手術の天才”が集う場所・脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前というプレッシャーを抱える者たちの、それぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。天海演じる脳動脈瘤のスペシャリスト・深山瑤子は、自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと自覚して、患者の命を第一に考えている。しかし、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えているという役どころだ。日テレドラマは『偽装の夫婦』以来約4年ぶりの主演となる天海は、初めて脳外科医を演じる。

 脚本は、『コード・ブル -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)、『医龍 -TEAM MEDICAL DRAGON-』(フジテレビ系)の林宏司が担当。演出は、『女王の教室』(日本テレビ系)の大塚恭司が務める。

 今回、宮本は、三浦友和演じる脳神経外科部長・今出川の秘書である玉井静香役を務める。出演が決定した宮本からはコメントが寄せられている。

宮本茉由
こんなにも素敵なキャストの皆さまと一緒にお仕事させていただけること、心から感謝し幸せに思います。現場でたくさんのことを吸収し、必死についていけるように頑張ります!
今回、私は三浦友和さん演じる東都総合病院脳神経外科部長・今出川孝雄の秘書、玉井静香を演じさせていただきます。
どこかクールで掴みどころのない彼女ですが、物語が進むごとに彼女がどのような感情の変化を見せるのか楽しみにしていてください。
ドラマを盛り上げられるよう精一杯頑張ります! 是非ご覧ください!

リアルサウンド編集部

最終更新:2019/12/4(水) 14:03
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ