ここから本文です

ニール・ヤング、ファン投票で未発表曲をリリースするプロジェクトを発表

2019/12/4(水) 17:00配信

Rolling Stone Japan

ニール・ヤングは、未発表のスタジオ・アルバムやライヴ・アルバムを含むアーカイヴ・コレクションから、いつでもリリースできる状態の29のプロジェクトを解説した。コレクションには1970年代にボツにした多くのアルバムも含まれている。

ニール・ヤングは、2020年内に自身のウェブサイト『Neil Young Archives』を通じて未発表アルバムやライヴ音源を大量にリリースしようという、壮大な構想を明らかにした。そこでヤングはファンに対し、膨大なアーカイヴ・コレクションを整理し、リリースして欲しいプロジェクトへの投票を呼びかけている。ウェブサイトでは、ヤングが近々リリース予定の29のプロジェクトについて解説している。

「これらのプロジェクトはいつでもリリースできる状態にある」とヤングは言う。「サイトに登録したファンは、リストの中からお気に入りの3つのプロジェクトを選択して投票できる。サイトの公式発表を読み、登録者向けの専用リンクから、次にリリースすべきお気に入りのプロジェクトに投票して欲しい」とファンに呼びかけている。

以下に、ヤングがサイト上で公開している各プロジェクトを解説する。

シェイクスピア劇場・ソロ・パフォーマンス(1971年)
1971年1月22日、コネチカット州ストラトフォードにあるシェイクスピア劇場で行ったライヴ。

ヴィカー・ストリート・ソロ・ライヴ(2003年、アルバム『Greendale』)
2003年5月、アイルランドのダブリンで収録されたアルバム『Greendale』のソロ・アコースティック・パフォーマンス。



未発表アルバム『Toast』(2001年、クレイジー・ホース)
2001年にクレイジー・ホースと製作した未発表作品。

『Mountaintop』(2019年)
最新アルバム『Colorado』製作の裏側を追ったドキュメンタリー映像。

『Catalyst』(1990年)
ニール・ヤングとクレイジー・ホースによる1991年のRagged Gloryツアーのリハーサル・ギグ(1990年11月13日、カリフォルニア州サンタクルーズのクラブにて収録)。

『Alchemy』(2012/2013年)
2012年から2013年にかけて行われた、ニール・ヤングとクレイジー・ホースによるAlchemyワールドツアーのドキュメンタリー映像。

『Early Daze』(1960年代)
クレイジー・ホース結成直後にレコーディングしたさまざまな楽曲集。

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 17:00
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事