ここから本文です

令和初の“ウルトラマン俳優”井上祐貴 変身シーンは「できればもう一度取り直したかった」!?

2019/12/4(水) 7:00配信

ザテレビジョン

ウルトラマンタロウの息子・タイガが活躍することでも話題となっている「ウルトラマンタイガ」(毎週土曜9:00-9:30、テレビ東京系)がいよいよクライマックスを迎える。令和初のウルトラマンシリーズとなった今作の主人公・工藤ヒロユキを演じる井上祐貴に撮影を振り返ってもらいつつ、俳優としての目標などを聞いた。

【写真を見る】「今、興味があることはアクション」と語る井上祐貴

――すでにクランクアップしているそうですが、「ウルトラマンタイガ」を撮影した日々はどんなものになりましたか?

やり切った、という感じがありますね。一番大変だったのは、お芝居の面です。とにかく初めてのことばかりでしたし、特撮ということでグリーンバックでの撮影もあったので、想像力も働かせないといけなくて…最初は苦戦しました。撮影が進む中で第1話が放送されて、それをオンエアで見たときに初めてイメージが確立されたのを覚えています。

――今作は主人公がウルトラマンタイガ、ウルトラマンフーマ、ウルトラマンタイタスという3体に変身できるというシリーズ初の設定もありましたが、変身シーンについては、ちょっと複雑な思いがあるそうですね。

前作の「ウルトラマンR/B(ルーブ)」よりはシンプルなので、僕としてはありがたかったのですが(笑)、変身シーンはクランクインして1週間ぐらいの頃に撮影して、それをずっと使い続けるとのことで、すごく気合いが入っていたんです。家でも練習しましたけど、ダンスの振り付けみたいで難しくて。でも、まねをしてくれる子どもたちのためにもカッコよく決めようと思ったら力み過ぎたりして、何度も撮り直しました。ずっと残るものだと思ったら、もっとカッコよくできたんじゃないかな、もう一回撮り直したいな…っていう思いはずっとありましたね(笑)。

――学ぶことも多かったと思いますが、撮影を通して一番変わったなと思うところは?

この仕事を始めて1年と少しというのもあって、正直最初は全然お芝居ができなくて、冷や汗しかかいていない時期もありました。だけど気づけば、監督や先輩方と意見交換ができるようになって、そういう時間が楽しいと思えるようになっていました。元々、人前に立つことがそこまで得意ではなかった自分が、お芝居をしていて、イベントなどでファンの皆さんの前に工藤ヒロユキとして立っていて…。そう考えると、とても不思議な気持ちになりますし、素直に嬉しいです。

――クライマックスに向けての見どころを教えてください。

地球に最大の危機が迫る中、ヒロユキが勤めている民間警備組織「E.G.I.S.(イージス)」の仲間4人の結束力が試される展開になっています。そこは台本読んでいても演じていても楽しくて、ワクワク、ゾクゾクしました!

――では、ご自身のことも教えてください。2017年のホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞して芸能界に入ったわけですが、以前から俳優を目指していたんですか?

いいえ。当時、僕は大学3年生で、周りの友達が就職活動を始める中で、やりたいこともなく、これからどうしようってぼんやり考えていたんです。そうしたら友達が、「受けてみたら何か起こるんじゃない?」ってスカウトキャラバンの話を教えてくれて。正直最初は軽い気持ちでしたが、審査が進むにつれて芸能のことに興味が沸いて、いつの間にか「やってやる!」ってムキになっていましたね。結果、賞をいただくことができて、周りのみんなもビックリしてました(笑)。

――それで一念発起して、ということですか?

はい。自分の中でスイッチが入って、この世界でやっていく決意をしました。…で、必死に大学を卒業しました(笑)。

――周りの友達が就職活動をして仕事に就くように、芸能界に入られた、という感じなんですね。親御さんも驚いていたのでは?

そうですね。両親は心配してくれて、何か言おうとしていたかもしれないのに、あの日、「決めたからもう何も言わないで」みたいな、ちょっと強引な言い方をしちゃったかなぁ…っていう記憶があるんです。少し後悔と反省もありつつ、感謝の気持ちを持ってやっています。

――お話を聞いていると、とてもしっかりしていて真摯な感じがします。それこそ、正義感があって、優しくて真面目な工藤ヒロユキと重なるのですが…。

そうやって見ていていただけるとありがたいです!(笑)

――似ている部分もありますか?

あります。ヒロユキはイージスの新入社員で、僕も芸能界の新人。作品が進むにつれて、ヒロユキに共感しながら、向き合いながら演じていた部分もありました。

――井上さんのマネジャーさんに話を聞くと「しっかり者に見えてド天然」だとおっしゃっていたのですが、実のところ、どうなんでしょう?(笑)

(恥ずかしそうに)自分ではそうは思わないし、素でいようと思っているだけなんですけど…どうなんですかね。でも最近、会話がちょっと噛み合わないときに、「あ、今のかな」って思うことはあります(笑)。

――現在、好きなことや熱くなっていることはありますか?

負けず嫌いな性格で、やり始めたことは極めたいという欲が強いんですけど、今、気持ちが一番向いているのはアクションです。

――好きなアクション映画や俳優はいるんですか?

最近は岡田准一さんの映像を見ることが多いです。「これ自分でやっているんだ!」ってビックリしますけど、マジでカッコいいです。見ていて引き込まれますし、憧れの方です。僕もアクションができる俳優って思われるようになりたいです。

――では2020年の目標の中にはアクションは入っていますね?

はい。来年は本格的に頑張りたいです。それから、知っていただくことが大切なので、連続ドラマにも出たいです。もちろん、いただけるお仕事に対して一つ一つ丁寧に全力で、というのは思いとしてありますが、「ウルトラマンタイガ」でアクションに興味を持ったように、その中で自分のやりたいことや得意なことを見つけていけたらいいなと思っています。(ザテレビジョン・取材・文=溝井乃蒼)

最終更新:2019/12/4(水) 7:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事