ここから本文です

モーニング娘。'19・生田衣梨奈が“変われた”ときとは?「『何で道重さんしか』ってことを必死に考えたんです」<「ハロプロ ONE×ONE」インタビュー 中編>

2019/12/4(水) 6:00配信

ザテレビジョン

ハロー!プロジェクトのメンバーに“ハロプロメンバーの中から、〇〇さんと2人きりで××したい”というアンケートを実施。そのメンバー自らが考えたロケを実現するバラエティー「ハロプロ ONE×ONE(ワンバイワン)」(全10回予定)。

【写真を見る】自身が体調を崩してしまったツアーを挙げた横山玲奈

各配信回の最後には、モーニング娘。’19のメンバーが当時のエピソードを交えながら思い出に残っているコンサートについて語る「思い出ライブコメンタリー」も配信。モーニング娘。がライブに懸けている熱い思いが感じ取れる企画となっている。

そんなコメンタリーの収録後、モーニング娘。’19のメンバーが、それぞれのライブ対する思いを語った。

■ 「何で道重さんしか見出しにならないのか」っていうことを必死に考えた(生田)

2019年11月20日配信「モーニング娘。が“ライブ”に懸ける熱い思いを語る!<「ハロプロ ONE×ONE」インタビュー 前編>」の続き。

――収録時に、横山(玲奈)さんの「自分が変われたツアーだった」というコメントや、譜久村(聖)さんの「自分にとって挑戦だったツアー」というお話も出ましたが、皆さん自身が変われたツアーを教えてください!

小田さくら「私はライブコメンタリーの自分の映像のときにセレクトした“gradation”っていう2015年の春ツアーです。後輩ができてからの初めてのツアーで、やっぱり後輩ができると変わるなって。

あのときからスイッチが…入ってなかったわけではないんですけど、今に向かうスイッチというか、最初は別の道を目指していたものが、今の道にシフトチェンジしたのはあのときかなって。

羽賀朱音「私も後輩が自分にできてからのツアーかな? 2017年の春ツアー“THE INSPIRATION !”。ライブが楽しい!って、素直に思えるようになったのがこのときだったんです。

それまでも楽しくなかったわけじゃないんですよ? ただ、心の底から『あ、ライブできているこの瞬間、この瞬間にいられてよかったな』っていう気持ちが素直に出るようになったのが、このツアーかなって」

石田亜佑美「8年もやっているから何段階もあるんですけど、一つ挙げるなら私も羽賀と同じで“THE INSPIRATION !”かな。その前のコンサートツアーの“MY VISION”のときに気持ちに変化が出て、“THE INSPIRATION !”のときに変われたなって気がします。

“MY VISION”ツアーで、『私はこういう夢があって』って自分のビジョンを話すシーンがあったんです。そういうことを口にすることで自分の考えていることも皆さんに知ってもらえるし、口に出すことによって自分の意識も定まる。何となくフワフワしていたものが『言ったからにはやらなきゃ!』って思えたんです。

私は歌に対してすごく苦手意識があって、マイクを通して声を届けるっていうのがすごく怖い時期だったんです。でも、そのツアーでソロ曲も歌って『歌って踊っている、今、この私を見て!』って思えるようになっていったんですよ。

そこで少しずつ変われたことが、次のツアーでも自信を持ってパフォーマンスできる自分につながったのかなって」

生田衣梨奈「私は小田と一緒になるのでちょっと変えます(笑)。私的に変わったのはツアーとかじゃないんですけど、田中れいなさんが卒業してモーニング娘。’14になったとき。

そのときは何のニュースを見ても、当時リーダーだった道重さゆみさんしか取り上げられなかったんです。何を見ても見出しが道重さゆみ、道重さゆみっていうのが続いていて。すごく悔しくて、『何で道重さんしか見出しにならないのか』っていうことを必死に考えたんです。

そのときの目標が『自分の名前が見出しに載るような記者会見をやる』。そういうふうに考えていて、ちょっとずつ自分のなかでの喋りの変化がでてきたんです。『絶対にこれだけは言ってやろう』とか、絶対に3回以上は喋るっていう気合の入れ方とかが、あのときから違ってきたと思いますね」

野中美希「2017年秋の“We are MORNING MUSUME。”のツアーかな。そのとき、回替わりも含めて70曲以上の楽曲を1ツアー通してやらせていただいたんですよ。曲が多いことは成長につながるものですし、あとは気持ちにも変化が出てきました。何かカッコよく見せたいなと思って、いろいろ試行錯誤していたときで。

公演によってはすごいクールに見せようと思って無表情になっている回もあるんですけど(笑)。その当時のブログの写真を見ると、そのツアーを通して顔が結構大人になっているなって」

石田「変わるときってあるよね~」

野中「分かりますよね! 2017年の春までは子供の顔をしているんですけど、秋ツアーでちょっとずつ変わってるんですよ。ビジュアル面でも変われたというか、心も大人になっていくタイミングだったのかなって」

――では、モーニング娘。としては、初めて後輩ができた森戸さんはいかがでしょうか?

森戸知沙希「何だろう、あまりないかも(笑)。自分で『ここだな』って感じたことはないんですけど、前回の2019年春ツアー“BEST WISHES!”かな? コンサートの振り付けの先生が変わったんですよ。その先生になってからライブに対する意識がすごく変わったなって。

今までは先生に『煽る』って言われたから煽っている感じだったんですけど、新しい先生から『それって本当に“盛り上がって!”って思いながらやってる?』みたいなことを言われてしまったんです。

そんな初歩的なことを言われたんですけど、『確かに』って自分の中で納得することがあって、ライブの考え方が大幅に変わったんです。自分の考えが変わったことにより、自分も変わっていたらいいなって思いますね」

佐藤優樹「私も先生が変わる度に変わるかも。先生によって求められているものが全く違うので、先生が変わるたびに『この先生が私に求めているものは何だ?』っていうことから考え始めるんです。

今までずっと同じことをやっていても新しい先生には通じないときがあるから、私はその先生の波に寄り添っていくんです。その方がいろいろな冒険ができるし、私自身もそうやっていくのが好き。そのときに変わっていくので、一番はありませんね」

牧野真莉愛「私はツアーっていうよりも、『そうじゃない』っていう曲ですね。初めてセンターをいただいた楽曲なんですけど、その曲を歌ったときが変わったって思う瞬間かなって思います。

どこが変わったとかじゃないけど、2年ぶりに歌ったときとか、長く期間が空いた後に歌ったときに、スタッフさんに言われて気付くんです」

佐藤「私も言ったもん!」

牧野「佐藤さんも言ってくださいました(笑)。そのときと2年前で目も違うし、歌とかダンスも全然違うって言われて気付きました」

佐藤「皆さんもこの話を聞いたからには見てくださいね! 2016年と2018年です」

牧野「『そうじゃない』です!」

横山「ライブコメンタリーとは違ったことを言うと“GET SET, GO!”っていう2018年の秋ツアーかな。その仙台公演のとき、私が体調を崩してしまって途中から出られないことがあったんです。

自分でもすごく悔しかったんですけど、自分のいなかった公演の映像を見返したとき、『恋してみたくて』っていう曲で2人ペアになって踊るシーンがあったんです。私のペアが生田衣梨奈さんなんですけど、ペアで踊る自分がいないことで、生田さんが1人で頑張ってくださっていたんです。

それを見て、自分で言うのも何なんですけど『やっぱ自分がいなきゃダメだ』って。そこで再確認して、また頑張ろうって思ったのは変わったなって」

譜久村「私、結構弱い人間だったんですよ。でも、リーダーになってからそれが変わってきて、確実に変われたなって思えたのが2016年の春ツアーの“EMOTION IN MOTION”。

同期の鞘師里保ちゃんが卒業して、そのツアーも同期の鈴木香音ちゃんの卒業ツアーだったんです。そんななか、いろいろと自分が任されることが増えてきた。リーダーになって1年ちょっと経った時期で、『モーニング娘。のために』って動いていたことはあったけど、そのなかでも自分の中心だったものが『グループのために』って、より思えるようになってきたんです。

そう思えるようになったこともあり、『自分ができることは何かな』って探していた結果が出せたツアーだったかなと思います」

加賀楓「私は、今やっている“KOKORO&KARADA”ツアー。今までのツアーとは180度違う感覚なんです。

正直、どのツアーもライブをやっている感覚というか、曲を歌っているときの自分っていうのは毎回変わっていっているんですけど、今回のツアーは全公演を通して新しい境地の自分を見せていけているのかなって」

※インタビュー後編は2020年1月下旬に公開予定(ザテレビジョン・取材・文=宮澤祐介)

最終更新:2019/12/4(水) 6:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事