ここから本文です

神尾楓珠“光一”の闇落ちにネット騒然「むちゃくちゃカッコいい!」<左ききのエレン>

2019/12/4(水) 10:33配信

ザテレビジョン

神尾楓珠と池田エライザがW主演を務めるMBS/TBSドラマイズム「左ききのエレン」(毎週火曜夜1:28-1:58ほか、TBSほか)の第7話が12月3日までに放送された。“ダークサイド”に落ちた朝倉光一(神尾)に視聴者から驚きと熱狂の声が上がっている。

【写真を見る】“闇落ち”した光一(神尾楓珠)。もはや別人!

本作は、2016年3月からかっぴーによってデジタルコンテンツ配信プラットフォーム「cakes」で連載がスタートし、「cakesクリエイターコンテスト」で特選を受賞した人気コミックが原作。

いつか“何者か”になることを夢見る広告代理店デザイナー・光一と、圧倒的な芸術的才能に恵まれながらも生きづらさを抱える山岸エレン(池田)を軸に、クリエーターたちの群像劇を描く。(以下、ネタバレがあります)

■ 生々しく描かれた“不夜城”の壮絶

第7話「不夜城の兵隊」では、光一の試練が描かれた。

目黒広告社のエースクリエーターで光一に目をかけていた神谷雄介(石崎ひゅーい)が退社。光一は、クリエーティブディレクター・柳一(丸山智己)のチームで働くことになった。

柳は会社のトップクリエーターと呼ばれるほどの実力があるものの、部下の扱いは度を超えて厳しいと評判。本編では、周囲に“不夜城”と揶揄(やゆ)されるほど休みなく働く柳チームの姿が生々しく描かれた。

会社を早退して出産間際の妻の元に駆けつけた柳チームのメンバー・山下(仁科貴)を、自暴自棄になった光一が会社に呼び戻す壮絶シーンも…。

SNSでは、原作の雰囲気そのままの冷徹な柳を演じた丸山に原作ファンから賞賛の声が上がる一方で、ブラックすぎる描写に「つらすぎて泣いちゃった…」「柳ひどすぎる。人間じゃない」「山下さん…どうなったんだろう。ショックすぎて眠れない」などの声が相次いだ。

そんな柳チームで1年半を過ごした光一は、雰囲気が一変。7話ラストでは、ボサボサの髪に、黒く落ちくぼんだ目元というダークな雰囲気に様変わりし「大事なことは雑音の排除です。チームなんかいらない」と冷たく言い放った。

“柳ジュニア”と陰口をたたかれるほど雰囲気ががらりと変わった光一。視聴者からも「ダークサイドに堕ちた光一キター!」「光一が闇一になった…」「闇に落ちた楓珠くん好き…」「むちゃくちゃカッコいい!」といった声が続出した。

「左ききのエレン」では、広告業界を舞台にクリエイターたちの葛藤がつづられる。そこで象徴的に描かれる2人の天才、神谷と柳。伸び伸びとした発想やチームでの仕事を大事にする神谷と、自らの才能のみを絶対視し周囲を蹴散らしなぎ倒す柳…2人の仕事への向き合い方は180度異なる。

だが、神谷が「万全なんて一生来ねぇぞ! クソみたいな日にいいもん作るのがプロだ」と語れば、柳は「自分は明日死ぬ、そのつもりで作れ。何か残して死ね!」と吐き捨てるなど、作品を生み出す熱意には共通する点も。クリエーターの魂が宿る名ぜりふの数々も、ファンの心を揺さぶっている。

■ 第8話「才能がなかったんだ」あらすじ

第8話「才能がなかったんだ」は、MBSで12月8日(日)、TBSで10日(火)に放送する。

柳の下で働く光一は、がむしゃらに努力していた頃とは一変し、取引先からも恐れられる存在となっていた。周囲が心配する中、営業の流川俊(吉村界人)は園宮製薬のリブランディングの案件を光一に任せることに。そこには、退社した神谷がかつて流川に託した思いがあった。

一方、ニューヨークのアトリエを去ったエレンが向かった先は、かつて光一に出会った横浜。学生時代に通っていた馬車道美術学院を訪れ、学長の海堂(般若)から現在の光一の活躍ぶりを聞かされる。しかし、彼の作品を目にし、違和感を覚える。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/4(水) 10:33
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事