ここから本文です

日本代表に初招集、古賀太陽とは何者? 柏レイソルに現れた“太陽”が秘める可能性

2019/12/4(水) 15:21配信

フットボールチャンネル

 日本サッカー協会は4日、EAFF E-1サッカー選手権に臨む日本代表メンバーを発表。J2・柏レイソルに所属するDF古賀太陽が初選出された。

【写真で見る】一番かっこいいのは…? 日本代表歴代ユニフォーム一覧

 小学4年生で柏レイソルU-12のセレクションを受けて以来、クラブ一筋でプレーしてきた古賀は、2017年にトップチームに昇格。第2節で初出場を果たすと、ルーキーイヤーは公式戦16試合に出場した。

 18年はアビスパ福岡へ期限付き移籍。井原正巳監督(当時)の薫陶を受けた古賀は、J2リーグで21試合に出場。今季からヘッドコーチに就任した井原とともに柏に復帰した。

 今季から再び指揮を執るネルシーニョ監督の下、生え抜きのDFは出場機会を掴んだ。3月17日の京都サンガ戦で初めて先発すると、U-22日本代表活動のために欠場した2試合を除いて、以降のリーグ戦全試合に先発。チームのJ2優勝に大きく貢献した。

 182cmの体躯を誇り、柏のアカデミー選手らしく、足元の技術に秀でている。センターバックで起用されることもあるが、柏では左サイドバックが主戦場。利き足は右足だが、左足からでも精度の高いボールを蹴ることができる。左サイドからカットインして放つ鋭いミドルシュートは魅力の一つでもある。

 日本代表は4バックをメインで使用しているので、そのまま左サイドバックでの起用が予想されるだろう。3バックを採用する場合は最終ラインだけでなく、ウイングバックでのプレーも考えられる。

 DFは古賀を含めて6人が選出されている。佐々木翔とポジションを争うことが予想されるが、ベネズエラ戦に先発した佐々木は低調なパフォーマンスに終始した。3試合を戦う今大会で、古賀にチャンスが与えられる可能性は十分に考えられる。

 古賀がつける背番号4は、酒井宏樹、中谷進之介といったアカデミー出身のDFが付けていた番号でもある。奇しくもクラブ名の由来である“太陽”を名前に持つ。J1でのプレー経験はルーキーイヤーのみだが、今後の伸びしろも含めて、注目が集まる選手の1人だ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2019/12/4(水) 15:59
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事