ここから本文です

テニスファンの心を奪う西岡良仁。 170cmで世界と戦う卓越した分析力

12/4(水) 6:30配信

webスポルティーバ

彼は観察者であり、得た情報を分析するアナリストであり、そして何より、導き出した策を自ら実践するアスリートである――。

【写真】スポーツ界を彩る美女アスリート10選

「けっこう、ほかの人の試合や動画は見るほうだと思います。最近はとくに、時間さえあれば見ています」

 本人もそう認める研究熱と分析力こそが、170cmの小柄な身体で世界と戦う彼の武器だ。

 さらには、いかに劣勢になろうともボールに食らいつき、頭をフル回転させながら逆転への策をはじき出す不屈の勢は、自ずと見る者の心を打つ。今や西岡良仁の名は、海外のテニスファンの間でも浸透し、彼の試合を見たいと会場に足を運ぶ者もいるほどだ。

 昨年の年間最終ランキングは75位で、現在のそれは73位。数字だけを見れば横ばいの1年だが、その内訳を仔細に見れば、進化の足跡が浮かび上がる。

 たとえば今季の西岡は、下部大会には一切出ず、ATPツアーのみに参戦してシーズンを終えた。3月のインディアンウェルズ・マスターズでは、22位のロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)らを破ってベスト16へと進出。全仏オープンの2回戦では、198cmのフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)を向こうにまわし、4時間に迫るフルセットの死闘を演じた。

 7月のシティ・オープンでは18位のダビド・ゴファン(ベルギー)に競り勝ち、8月のシンシナティ・マスターズでは、5位の錦織圭を含む4人のトップ50の選手を撃破し、ベスト8へと躍進。戦いの舞台を上げてなお維持したランキングは、その内に確実な成長の轍(わだち)を刻んでいる。

 今季の西岡のプレーには、誰の目にも明らかな変化があった。それは、フォアハンドの攻撃力と、ネットプレーの向上である。

 フォアハンドの強化は、ここ数年の徹底したフィジカルトレーニングの賜物だろう。ただ、それ以上に大きいのは、上位選手との戦いを重ねた経験のなかから、本人が身をもって確信した勝負の世界の道理だ。

1/3ページ

最終更新:12/4(水) 6:30
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事