ここから本文です

リアーナの登場に4冠の「ボッテガ・ヴェネタ」 「ザ ファッション アワード 2019」が開催

2019/12/4(水) 22:30配信

WWD JAPAN.com

英国ファッション協議会(The British Fashion Council)は、今年ファッション業界の発展に貢献した人物やビジネスを称える「ザ ファッション アワード(The Fashion Awards) 2019」を開催した。

【画像】リアーナの登場に4冠の「ボッテガ・ヴェネタ」 「ザ ファッション アワード 2019」が開催

最も注目すべきは、本年度の「ブランド・オブ・ザ・イヤー(Brand of the Year)」「アクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤー(Accessories Designer of the Year)」「ブリティッシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー・ウィメンズウエア(British Designer of the Year Womenswear)」「デザイナー・オブ・ザ・イヤー(Designer of the Year)」の4冠を受賞した「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のダニエル・リー(Daniel Lee)クリエイティブ・ディレクターだろう。

ロイヤル・アルバート・ホール(Royal Albert Hall)で行われる毎年恒例のこのイベントは、巨大な枕からダウンジャケット、コルセットドレスまで、すべて真っ白な作品という、セントラル・セント・マーチンズ(Central Saint Martins)の学生による“ホワイトショー”で幕を開けた。また、英国のラッパー、リトル・シムズ(Little Simz)は、権力と女性らしさを歌った曲で政治的なメッセージを込めたパフォーマンスを行った。

今年はホストやスピーカーによる政治的なコメントが目立つ式典となった。エミー賞受賞女優でプレゼンターでもあるトレーシー・エリス・ロス(Tracee Ellis Ross)は、「ブレグジットは本当に理解できないけれど、ファッションとクランペット、メーガン妃、ハリー・スタイル(Harry Styles)は分かる」と話し、花のクリスタルで飾られた「リチャード クイン(RICHARD QUINN)」のケープをまとって歌った。会場にはトム・クルーズ(Tom Cruise)やドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)、ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)、ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)、ジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)といったそうそうたるゲストが来場した。

1/4ページ

最終更新:2019/12/6(金) 2:31
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ