ここから本文です

リアーナの登場に4冠の「ボッテガ・ヴェネタ」 「ザ ファッション アワード 2019」が開催

2019/12/4(水) 22:30配信

WWD JAPAN.com

中でもゲストが興奮したのはリアーナ(Rihanna)だ。彼女のブランド「フェンティ(FENTY)」 による「アーバン・ルクス(Urban Luxe)」受賞を称えるため、ジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)がサプライズで登場。「リアーナ、あなたのスタイルは人々から愛され、アーティスト、起業家、そしてLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(以下、LVMH)でブランドを立ち上げた初の黒人女性として尊敬されているわ」と祝辞を述べた。

リアーナは受賞スピーチで、「まず最初に、ステファニー・フェア(Stephanie Phair)、あなたは私の心を強く掴んでいるわ」と、英国ファッション協議会会長に話しかけた。そして、「若い黒人女性である私を信じ、私が一番好きなことをする機会を与えてくれてありがとう」とLVMHへの感謝を述べた。

「アクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」の受賞についてリーは、「私にとってアクセサリーはモダンな着こなしのカギであり、多くの人々が毎日のスタイルに『ボッテガ・ヴェネタ』を選び、自分を表現してくれていることがうれしい。約1年前まではほとんどの人が私を知らなかったから、舞台裏で仕事に磨きをかけていた」と語った。

「ブリティッシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー・メンズウエア(British Designer of the Year Menswear)」は、キム・ジョーンズ(Kim Jones)が受賞した。ドナテラ・ヴェルサーチェは、ジョーンズに代わってこの賞を受け取り、「私の友人が受賞したことを本当に光栄に思う。彼は今マイアミでショーの最後仕上げをしていて、きっと素晴らしいものになるわ」と、ジョーンズをラグジュアリーとストリートウエアを融合させた最初のデザイナーとして称賛した。

期待の英若手デザイナーに与えられる「ブリティッシュ・エマージング・タレント」部門では、ベサニー・ウィリアムズ(Bethany Williams)とレジーナ・ピョウ(Rejina Pyo)がそれぞれ男性部門と女性部門で受賞した。

2/4ページ

最終更新:2019/12/6(金) 2:31
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ