ここから本文です

「リーボック」が「ビリオネア ボーイズ クラブ」とコラボ ロサンゼルスで開催された「コンプレックスコン」で発表

2019/12/4(水) 19:30配信

WWD JAPAN.com

「リーボック(REEBOK)」は、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が手掛ける「ビリオネア ボーイズ クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」との限定コラボモデルを、今年11月に米・ロサンゼルスのロングビーチで開催された世界最大のスニーカー・ストリートファッションの祭典「コンプレックスコン(ComplexCon)」で発表した。

【画像】「リーボック」が「ビリオネア ボーイズ クラブ」とコラボ ロサンゼルスで開催された「コンプレックスコン」で発表

同コラボは、今年11月に発売した新モデル“ジグキネティカ コンセプトタイプ1(ZIGKINETICA CONCEPT TYPE 1)”のコラボプロジェクトの一環で、両者のコラボは約15年ぶりとなる。シューズは宇宙空間をモチーフに、星のデザインをアッパーに散りばめたグリーンカラーとパープルカラーのシューズ全2型を用意する(日本国内での販売予定はない)。

「ビリオネア ボーイズ クラブ」は、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)と「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」のNIGO(R)デザイナーが2005年に立ち上げたブランドだ。ブランドのモットーとして、「富はポケットではなく心と心からのもの」を掲げ、ウエアからシューズ、アクセサリーまで幅広く取りそろえている。また同時期には、シューズブランド「アイスクリーム(ICECREAM)」も立ち上げている。

“ジグキネティカ コンセプトタイプ1”は、2009年に誕生したランニングシューズ“ジグ(ZIG)”をベースに、ファッションシーンにも落とし込めるシューズとしてアップデートした新モデル。日本では、英ブランド「ガーブストア(GARBSTORE)」創設者兼デザイナーのイアン・ペイリー(Ian Paley)とのコラボモデル第1弾を11月8日に、第2弾を12月4日に発売している。今後、さまざまなデザイナーやブランドとのコラボを行っていく予定だ。

最終更新:2019/12/4(水) 23:00
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事