ここから本文です

Macのログイン画面を自分好みにカスタマイズする方法

2019/12/5(木) 16:01配信

ライフハッカー[日本版]

Macユーザーは、メニューバーやDock、その他色々とカスタマイズしていると思います。

【全画像をみる】Macのログイン画面を自分好みにカスタマイズする方法

しかし、Macはログイン画面も好きなように変更できるというのはご存知でしょうか?

セキュリティ強化のため、ログイン時にユーザー名とパスワードをどちらも入力するようにしているかもしれません。

もしくは、パスワードをよく忘れるので、画面にヒントを表示したいかもしれません。

お気に入りの名言があれば、それを見て1日をスタートしたいかもしれません。

それもこれもログイン画面に表示させることができます。

今回は、Macでログイン画面を簡単に変更する方法をご紹介しましょう。

目次

1. Macのログイン画面を変更する

2. ログイン画面に好きなメッセージを表示する

3. プロフィール画像の変更

4. Apple Watchでログインする

Macのログイン画面を変更する

ログイン画面の設定は、ほとんどをシステム環境設定で行います。

自動ログインをしたり、ユーザー一覧を表示したり、コントロールボタンを表示したり、VoiceOverを有効にしたりする他にも、多くの設定ができます。

まず、メニューバーの「Appleメニュー > システム環境設定」で「ユーザーとグループ」を選びましょう。

ログイン画面を変更する前に、「ユーザーとグループ」の設定でロックを解除しなければならないかもしれません。

その場合は、「ユーザーとグループ」の画面左下隅にある鍵のアイコンをクリックし、パスワードを入力してロックを解除しましょう。

今度は、左下の方にある「ログインオプション」をクリックします。開いた画面の右側にある、ログイン画面のオプションの中から使いたいものを選びます。

Macのログイン画面の設定変更
自動ログイン:この機能は、Macを起動したら最初にパスワードを入力する必要がなく、すぐにデスクトップを開いてくれます。自動ログインを有効にし、ユーザーのアカウント名を選び、パスワードを入力します。Macを使用するのが自分だけで、Macが常に安全な場所にある場合は便利です。

FileVaultを有効にしていると、自動ログインは最初から使えません。FileVaultについてもっと知りたい場合は、「役に立つFileVaultのガイド」をチェックしてください。

ログイン時の表示:「ユーザーのリスト」か「名前とパスワード」から選ぶことができます。前者は自分のユーザー名を選んでからパスワードを入力しますが、後者はどちらも入力しなければなりません。

セキュリティが心配な場合は、ユーザー名とパスワードの両方を入力しなければならない「名前とパスワード」を選びましょう。

“スリープ”、“再起動”、“システム終了”ボタンを表示:このチェックボックスをチェックすると、ログイン画面でこれらのボタンを表示します。

ログインウィンドウに入力メニューを表示:Macにログインする前に、ユーザーが言語を選ぶことができる入力メニューが表示されます。言語やキーボードの形式を常に切り替えている場合は、これが役に立ちます。

パスワードのヒントを表示:クエスチョンマークをクリックしたり、パスワードを3回続けて間違えたりした時に、パスワードのヒントを画面に表示させることができます。

パスワードのヒントを追加・変更するには、左のユーザー名をクリックし、「パスワード」で「パスワードを変更」をクリックします。古いパスワードを入力し、続いて新しいパスワードと確認も入力します。そして、パスワードのヒントを追加して、最後に「パスワードを変更」をクリックします。

ファストユーザースイッチメニューの表示:このオプションは、Macのメニューバーで素早くユーザーを切り替えるものです。表示するものをフルネーム、アカウント名、アイコンから選べます。

設定の変更が終わったら、これ以上変更ができないよう、左下隅の鍵のアイコンをクリックします。

ログイン画面のアクセシビリティオプションを有効にする
VoiceOverやズーム機能、その他アクセシビリティオプションも、ログイン画面で有効にできます。「アクセシビリティオプション」をクリックし、表示したいものにチェックを入れましょう。

このようなアクセシビリティ機能を有効にすると、ログイン画面ではあなたの設定が全員に適用されます。同じように、無効にした機能は全員に適用されません。

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 16:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事