ここから本文です

新宿ホスト殺人未遂裁判・詳報3 「気付いたらタバコを」

2019/12/5(木) 7:03配信

NEWS ポストセブン

 12月3日、東京地裁でガールズバーの元店長・高岡由佳被告(21)の初公判が開かれた。被害者は、20歳のホスト男性・琉月(るな)さん。【詳報2】に続き、午後の公判の様子を詳報する。弁護士による被告人質問だ。

【写真】一命を取り留めた被害者の琉月さん

──事件当時に話を戻します。
(5月)23日15時ころ、(被害者が)来たあとは、一緒にカーテンをつけたり話したり、肉体関係を持ったりしていた。
──話はどんな話を?
 彼がその夜美容室を予約したとか、彼の上司からなぜ私と店外で会っているのかと言われたとか。
──なぜ店外で高岡さんと会うことで上司になにか言われるのですか?
 店の外で会うと店に来なくなるからです。その後は彼が眠ったので私はキッチンに行き、彼を殺して死んでしまおうという気持ちに変わりがなかったので、キッチンから包丁を持って彼のところに行きました。
──その包丁は?
 5月23日の朝、仕事終わりに大久保のドン・キホーテで今後の生活のために買いました。彼を殺そうという気持ちはまったくなくて、ただ今後の生活のために買いました。
──包丁はどうやって持った?
 両手で包丁をにぎって寝ている(被害者の実名)さんのお腹に刺しました。
──(被害者の実名)さんの服装は?
 パンツを1枚履いていました。
──あなたの位置は?
(被害者の実名)さんから見て左側の体の真ん中あたりに立っていました。
──包丁はどうやって持った?
 両手で持った。
──刃の向きは?
 覚えていません。(被害者の実名)さんのお腹を刺しました。
──角度は?
 彼に対して直角でした。
──何回刺した?
 1回です。
──刺した後は。
 彼が起き上がろうとしたので、馬乗りになって起き上がるのを止めました、彼は首をしめてわたしを離そうとしました。
──(被害者の実名)さんとはどんなやりとりをした?
「わかった。大好きだからずっと一緒にいよう」って言われたので、「大好きだから一緒に死のう」といいました。ベッドの下に包丁を置いて「警察には言わないから救急車呼ぼう」というので携帯を奪って。
──なぜ包丁を置いた?
 彼のお腹を刺した時の感触とか苦しそうな顔みて、すごく後悔して、その時には殺すつもりはなくなっていたと思う。
──携帯を取り上げたあとは。
 起き上がって玄関に行くので「行かないで」と追いかけた。彼が(高岡被告を)殴って、腕や足や顔を殴ったり蹴ったりした。その時にコンタクトが取れたので、眼鏡を取りにいきました。その時にタバコと携帯も持って(被害者の実名)さんを追いかけました。

1/3ページ

最終更新:2019/12/5(木) 7:03
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事