ここから本文です

「人々が望んでるのは流血とKOだ」屈辱の大番狂わせから半年。ジョシュアが因縁のルイス戦へ闘志

2019/12/5(木) 5:30配信

THE DIGEST

歴史的な大番狂わせから半年――

 ヘビー級の“エースファイター”が、雪辱に燃えている。

 現地時間12月7日にサウジアラビアで行なわれるWBAスーパー・IBF・WBO世界ヘビー級タイトルマッチで、王者のアンディ・ルイス・ジュニア(アメリカ)との半年ぶりの再戦に臨む、アンソニー・ジョシュア(英国)が、強い意気込みを語った。

【動画】衝撃のノックダウン! ジョシュアvsルイスの第1戦ハイライトはこちら

 今年6月での対戦は、まさに歴史的な大番狂わせだった。それまでプロでは22戦無敗を誇り、当時、ヘビー級の絶対王者として君臨していたジョシュアだったが、ドラッグテストで資格停止となったジャーレル・ミラーの代役として急きょ挑戦者となったルイスに7回TKO負けを喫し、主要3団体のベルトを一気に失ったのだ。

 それからおよそ半年――。ルイスからのベルト奪還に向けて、その牙を研いできたジョシュアは、これまで以上に無駄のないシャープな身体つきに変貌を遂げ、まさに臨戦態勢といった様子だ。

 リベンジに並々ならぬ闘志を燃やしている“元王者”は、英衛星放送『Sky Sports』のインタビューで、「これでルイスとリングで会うのは最後ではない」と、第3戦での完全決着を打ち出している。

「オレたちはいい試合を作ると思う。土曜にはKOが出ると思うよ。そして、人々はそれを望んでいる。流血とKOをね。そして、必ず3回目の対峙をする」

 中東での対戦ということもあり、『砂丘大戦』とも言われている今回の一戦での必勝を誓ったジョシュア。宿敵ルイスからは、「プレッシャーはすべて向こうにある。俺は自分が追ってきた夢を叶えたから重圧はない」と余裕のコメントも飛び出しているが、それに呼応するようにこう語っている。

「オレはKOをする。神がそう言っているし、心もそう言っている。ルイスを倒す自信もある。オレはそう信じている。苦労を重ねて成長し、自分を立て直した。目標はただ、勝利、勝利、勝利。それだけだ」

 果たして、ジョシュアは難敵ルイスを叩きのめし、“完全決着”への足掛かりを掴めるのか。来る土曜日の一戦は、英国のエースファイターにとってキャリア最大のビッグマッチとなりそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

最終更新:2019/12/5(木) 5:30
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事