ここから本文です

完売続出!私がスキンケアブランド「meeth」に込めた思いとその秘密

2019/12/5(木) 21:02配信

コスモポリタン

今年3月、一から開発を手がけるスキンケアブランド「meeth」を立ち上げたSonmiさん。大の美容好きが高じて、ついに自らビューティプロダクトを販売する会社の代表に。彼女が全身全霊をかけて作り上げたという「モアリッチパック」をはじめとする製品の数々は、美容通たちの間で瞬く間に話題となり、完売が続出する人気ぶり。今回はスキンケアブランドの代表、起業家としてここまでに至る道のりと、ブランドのこれからについてお話を聞きました。

【写真】乾燥対策にもってこい!お肌がもっちりする「meeth」の化粧水

――ブランド立ち上げからまだ8カ月ほどですが、類を見ない反響ですね。実際の手応えとしてはいかがですか?

「想像していた以上にたくさんの方々に知ってもらい、実際に使っていただけています。『人生が変わりました!』といった嬉しい声をたくさんいただいていて、本当にやりがいを感じています。商品数もデビュープロダクトであるモアリッチパックから化粧水、日焼け止めの3つに増えて、クリスマスコフレ(現在は完売)も販売しました。今後もラインナップを増やしていきたいと考えてはいるのですが、自分が200%推せるぐらいの商品だけを作りたいと思っているので、ブランドのクオリティーを今よりもっと上げていく必要がありますね」

――大躍進を遂げている「meeth」ですが、そもそもはSonmiさんお1人で起業から開発まで手がけられたとか。

「良いものを作りたいという思いだけで、本当にコネも何にもないところから1人で起業しました。限られた自己資金で始めたのですが、ようやく売り上げにも繋がるようになって。最初は『3、4カ月で、この1000箱が売り切れたらすごいよね』『借金だけはしたくないな…』といった感じで、今のような状況になるとは微塵も考えていなかったんです。嬉しい、楽しいことなんて本当に一握りで、地味な作業が大半。ただ、自分が作ったものが、誰かの人生を変えているんだと思うと、なによりの活力になります!」

――製品開発に関して、特にこだわっている点は何でしょうか?

「製品ごとに使う工場を変えています。例えると、お寿司やさんのネタに近い感覚。『マグロは大間、さばは九州』というのと同じように、その工場の強みを生かした製品作りをしているんです。水に関してのこだわりもすごく強いです。巷で販売されている化粧水の多くは衛生上、沸騰した水を使用していますが、その時点で、もともと水に含まれているミネラルなどが破壊されてしまうんですよ。そういった事情がある中で出会ったのが、北海道の岩内町で採れる海洋深層水。太陽の光が当たらず、プランクトンも発生しない深海の水なのですが、その水は汚染されておらずきれいなために、煮沸消毒しなくていいという許可が出ています。ケイ素もたっぷり、ミネラルもカルシウムも含まれているので、色んな肌質の方に使っていただきたい。スキンケアといったら『meeth』! とって言ってもらえるようなブランドにしたいので、今後も原料にはとことんこだわり抜いていくつもりです」

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 21:02
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事