ここから本文です

井上尚弥&ロマチェンコが世紀のツーショット!

2019/12/5(木) 23:35配信

ベースボール・マガジン社WEB

 WBO(世界ボクシング機構)の第32回年次総会のフィナーレを飾る祝賀パーティーが5日、都内のホテルで開催され、特別ゲストとして招待されたWBA・IBF世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が、初来日したWBO世界ライト級チャンピオンのワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対面する一幕があった。

 パーティーの司会進行役を務めたのは、ビッグマッチでお馴染みのリングアナウンサー、ジミー・レノン氏。各国からボクシング界の新旧スターやプロモーター、試合役員ら主要人物が集い、WBOの勢力を示す盛会となったが、ハイライトはやはりこの2人の登場だった。

 WBOの2019年最優秀ボクサーに選出された「ハイテク」ロマチェンコと、日本の誇る「モンスター」井上尚弥。パウンドフォーパウンド(全階級を通じて)トップの評価を争う両雄が壇上に並ぶと、会場は沸き返った。

 現時点で4階級の開きがある両者だが、並んで立つと身長はほとんど同じ。小柄ながらライト級でもパワフルな戦いをするロマチェンコを、井上は「下半身が強そう」と評した。

 井上は「まだ現実的ではないが」としながらも、ロマチェンコとはいつか戦う可能性もあるとライバル視。一方、ロマチェンコはパーティーの前に開かれた会見で「私はパンチが強いファイターが好き。当然、イノウエもだ」と語った。

 WBOのフランシスコ・バルカルセル会長はこのパーティーを前に「サプライズの発表があるかもしれない」と話し、それが井上とWBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)の統一戦とも噂されたが、結局その発表はなし。井上も「まだその決定はないでしょう」と否定した。トップランク社と契約したことで「2020年の第1戦はラスベガスになると思う。最高の試合をして、アメリカでも認められるようになりたい」と、井上は決意を新たにしていた。

取材◎藤木邦昭

ボクシング・マガジン編集部

最終更新:2019/12/5(木) 23:35
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事