ここから本文です

【デモ隊の告白10】「なぜ若者が遺書まで書き残し、立ち上がるのか」断食をした老人

2019/12/5(木) 19:19配信

ニューズウィーク日本版

<区議選で民主派が圧勝したが、再びデモ隊と警察との衝突が発生。香港はこれからどうなるのか。デモ参加者たちが何のために戦ってきたか、それぞれの本音を聞いた本誌「香港のこれから」特集より>

香港で逃亡犯条例改正案に反対するデモが始まって6カ月。身の安全を守るため、デモ参加者のほとんどはマスクで顔を隠してきた。

【動画】デモ参加者と見られる女性を警察が拘束する瞬間

時に暴徒と非難されながら、彼らは何のために戦ってきたのか。その素顔と本音を香港人の写真家・ジャーナリストが伝える。

本誌12月3日号(発売中)「香港のこれから」特集で取り上げた、15人のデモ参加者による「仮面の告白」。その1人をここに掲載する。

<断食抗議をした老人 陳基裘(73)>

市民の要望に対して、この政府が無関心なのは昔から分かっている。100万人、200万人規模の平和なデモに応えなかったのに、私たち十数人の断食抗議を相手にするわけがない。断食の本当の目的は、命の大切さを若者に伝えること。中には自ら命を絶った者もいた。戦いは一時的なものではないと、彼らに覚えてもらいたい。

この先どうすればいいのか分からず落ち込んでいた若者たちに、勇気を持って人生を歩き困難を乗り越えて戦い続ける大切さを話した。その後、彼らは私の元に戻って、「陳じいさん、ありがとう。考え抜いた結果、自分が強くなろう、みんなと共に戦っていこうと決めた」と言ってくれた。

香港には司法制度があり、市民が過ちを犯したら、法律で裁くことは当然。しかし、法律を熟知した上でそれを破る警察は許せない。誤った指示を出した警察上層部の責任を追及すべきだ。法執行機関も法律を守るということを、警察に知ってもらわねばならない。

香港はまだ希望がある。なぜ若者が遺書まで書き残し、死ぬ可能性をも承知の上で立ち上がるのか? 彼らが香港のために尽くす気持ちは、みんなの目に焼き付いている。

<2019年12月3日号「香港のこれから」特集より>

チャン・ロンヘイ(写真)、ウィニー・ウォン(文)

最終更新:2019/12/5(木) 19:19
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事