ここから本文です

『ペット・セメタリー』特別映像 ジェイソン・クラークらが“本当の恐怖”を語る

2019/12/5(木) 12:06配信

リアルサウンド

 2020年1月17日に公開される映画『ペット・セメタリー』の特別映像が公開された。

【場面写真】作中に登場する、凶暴になった猫

 本作は、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』や『ドクター・スリープ』など、原作が相次いで映画化されるベストセラー作家スティーヴン・キング原作の悲哀なる“禁忌”ホラー。

 主演の父親役に『猿の惑星:新世紀』のジェイソン・クラーク、その妻役に『エイリアン:コヴェナント』のエイミー・サイメッツ、一家の隣人役に『インターステラー』の名優ジョン・リスゴーが名を連ね、そして娘役でジェテ・ローレンスが出演する。監督を務めたのは、『セーラ 少女のめざめ』のケヴィン・コルシュ&デニス・ウィドマイヤー。

 公開された特報映像では、本編の映像とともにコルシュとウィドマイヤー監督が「最恐の映画を作るならスティーヴン・キング作品で決まりだ。原作『ペット・セマタリー』はキング史上最恐だ」とアピール。さらに、本作で大切な娘を亡くし禁忌を犯してしまう父親・ルイスを演じたクラークが「“本当の恐怖とは何か”を教えてくれる作品だ」とコメントし、ルイスが禁忌を犯してしまうきっかけとなる“秘密”を教えてしまう隣人・ジャドを演じたリスゴーも「かけがえのない人を失うこともある。もし取り戻せるとしたら?」と語る姿も映し出されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:2019/12/5(木) 12:06
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事