ここから本文です

【冬のおもてなしレシピ】ゲストの満足度120%!牡蠣で作る簡単贅沢なおもてなしの前菜

2019/12/5(木) 22:12配信

集英社ハピプラニュース

ふだんのごはんより少しだけ華やかに。料理家・小堀紀代美さんのおもてなしレシピから、牡蠣のハーブオイル漬けをご紹介します。あらかじめ作りおいておけば、当日パンにのせるだけでブルスケッタのできあがり。慌てずさっと出せてゲストの満足度も120%!

【写真】華やかで本格的なレシピ多数! おもてなし料理

教えてくれたのは…小堀紀代美(こぼりきよみ)
東京・世田谷で料理教室を主宰。近著に『予約のとれない料理教室 ライクライクキッチン「おいしい!」の作り方』(主婦の友社)。

牡蠣のハーブオイル漬け

●材料(作りやすい分量)
牡蠣……300g 
白ワイン……大さじ1 
しょうゆ……小さじ1 
[ハーブオイル]
 エキストラバージンオリーブオイル……1カップ
 塩……小さじ1/4
 タイム……4~5本
 ローリエ……2枚
 黒粒こしょう……5~6粒
 赤とうがらし(種を抜く)……1本
 にんにくスライス……1片分

●作り方
1.牡蠣は片栗粉(材料外)をまぶして身がつぶれないように優しく混ぜ、水で洗って汚れを落とす。水気をペーパーで拭う。
2.フライパンを中火で温め、牡蠣を入れてときどき揺すって水分を飛ばす(空焼き)。白ワインを加えて蓋をし、1~2分ふっくらするまで加熱する。
3.牡蠣をいったん取り出し、しょうゆを加えて煮汁がほぼなくなるまで煮詰める。煮きったところに牡蠣を戻し揺すってうま味をからめる。取り出して、ハーブオイルに入れて保存する。2日目以降からおいしい。

memo:ハーブはお好きなもので。バジル、ディルなどもおすすめ。

牡蠣のハーブオイルづけ漬けをブルスケッタに

牡蠣の身はぷっくりふんわり。ハーブの優しい風味が牡蠣の滋味をさらにきわだたせる。ハーブオイル漬けをパンにのせてブルスケッタにすれば、簡単贅沢なおもてなしの前菜ができあがり。

撮影/加藤新作 取材・原文/北村美香 ※エクラ2020年1月号掲載

最終更新:2019/12/5(木) 22:12
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事