ここから本文です

『エクストリーム・ジョブ』特別映像公開 キャスト陣と監督がチームワークを絶賛

2019/12/5(木) 14:28配信

リアルサウンド

 2020年1月3日に公開される映画『エクストリーム・ジョブ』より、特別映像が公開された。

場面写真

 本作は、韓国で300万人突破の大ヒットを記録した映画『二十歳』のイ・ビョンホン監督最新作。韓国のアカデミー賞・大鐘賞を4部門受賞した『7番房の奇跡』のリュ・スンリョンとタッグを組み、『アベンジャーズ/エンドゲーム』『アバター』といった、全世界大ヒット作品を超えて、韓国歴代興行収入第1位を達成した。

 また、映画からドラマ、舞台、バラエティー番組まで、オールマイティーな活躍を見せるイ・ハニが、麻薬捜査班の紅一点であるチャン刑事を演じているほか、マ・ドンソク主演『犯罪都市』の悪徳金融業者役を演じたチン・ソンギュが、マ刑事役として初のコメディ作品に挑戦。さらには、麻薬捜査班で唯一、本分を忘れずに孤独に捜査を進めるヨンホ役でイ・ドンフィ、経験は浅いが意欲だけはある麻薬捜査班の末っ子刑事ジェフン役で5urpriseのコンミョンが出演している。

 公開された特別映像では、キャスト陣と監督が本作のチームワークについて語る。「独特で奇想天外なストーリーでありながら、どこかにありそうだという共感を呼び起こすストーリー」(リュ・スンリョン)、「終始一貫して、爆笑できるシーンでいっぱいのシナリオ」(イ・ハニ)、「イ・ビョンホン監督特有のスタイルが活きているコミカルなセリフ」(チン・ソンギュ)など、出演者がみな口を揃えて本作のシナリオを絶賛する。

 その陣頭指揮をとったのは、主演を務めたリュ・スンリョン。大作時代劇から、感動ドラマ、コメディまで様々な作品に出演し、大勢の観客に愛されてきた彼は、本作で麻薬捜査班のリーダーであるコ班長に扮し、“笑いの神”として牽引している。「多忙で疲れ果てた家長であり、麻薬捜査班のリーダーでもある。そんな姿を表現できる俳優はリュ・スンリョンしかいないと思った」とイ・ビョンホン監督が全幅の信頼を寄せ、そして共演者からも「ユーモアのセンスが抜群」と愛されている様子が見て取れる。

リアルサウンド編集部

最終更新:2019/12/5(木) 14:28
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事