ここから本文です

発達障害のリスクを指摘される「ネオニコ農薬」、なぜか日本だけが規制緩和の怪

2019/12/5(木) 8:00配信

週刊女性PRIME

 今年4月、「パンが農薬で汚染されている」というショッキングなニュースが流れてきた。市販の食パンの7割から除草剤『グリホサート』が検出されたのだ。

 検査結果を発表したのは 農民連食品分析センター。同センターは食パン以外に小麦粉やパスタなども検査。検査した小麦粉17商品中13商品、パスタやシリアルなど7商品中5商品からグリホサートが検出された。食パンの場合、15商品のうち11商品からグリホサートが検出。検査した全39商品中、7割の29商品が汚染されていたことになる。

 この結果を見ると、国産小麦を使ったものからは検出されていない。農林水産省の検査では、米国産小麦の97%、カナダ産小麦の100%からグリホサートが検出されているため、輸入小麦が原因と思われる。

 グリホサートは除草剤耐性の遺伝子組み換え作物で知られる農薬『ラウンドアップ』の成分として知られる。この20年間で大豆の9割、菜種のほとんどが遺伝子組み換えとなっている。

 しかし、小麦は遺伝子組み換えではないのに、なぜ「米国産97%、カナダ産100%」ものグリホサートが検出されるのだろうか。

 それはラウンドアップが、小麦や大麦、オーツ麦などの乾燥剤として収穫前に散布されているからだ。収穫前にラウンドアップを散布すると、小麦を枯らし、収穫を容易にするとともに、不ぞろいに熟することが多い小麦の成熟度が均一化されるメリットがある。

 グリホサートは、'15年に世界保健機関の専門機関・国際がん研究機関(IARC)が発がん性物質に分類した。その後、アメリカで、ラウンドアップによりがんに罹患(りかん)したと訴えた人が勝訴している。

 ラウンドアップはグリホサートに補助成分として非イオン系界面活性剤ポリオキシエチレンアミン(POEA)を添加している。POEAは遺伝子を傷つけるといわれており、グリホサート単独よりもPOEAを添加したラウンドアップのほうが、毒性が強い。そのため専門家からは「補助成分も含めたラウンドアップ製剤の安全性について見直すべき」との指摘もある。

 ところが日本では、'18年に、グリホサートの残留基準値を大幅に緩和している。小麦/5→30ppm、ライ麦/0・2→30ppm、/トウモロコシ/1→5ppm、そば/0・2→30ppmといった具合。グリホサートの健康への影響が次第に明らかになり、世界各国が使用を削減・禁止するなかで、いかにも時代錯誤だ。

 そんな中、アメリカの母親たちは『マムズ・アクロス・アメリカ』(MAA)を組織。子どもたちの健康のため、遺伝子組み換え食品の表示を求める運動や有機食材の利用を呼びかけた。

 MAAは'14年、全米から母乳と子どもの尿、水を集めて検査を実施。その結果、母乳10検体のうち3検体からグリホサートが検出された。母乳から検出されたことで、グリホサートが母体の中に蓄積していることがわかった。

 また、子どもの尿の検査では、EUで行われた同様の検査の最大値が0・16μg/リットル~1・82μg/リットルであったのに対し、結果は約8倍だった。

 こうした調査結果を受け、「子どもたちの身体に起こっていることの原因が食べ物であるとすれば、“食べ物が私たちの子どもを殺すことがある”というのが新たな常識」と、MAA創設者のゼン・ハニーカットさんは言う。MAAはグリホサートを含まない有機食材に切り替えることで子どもたちの健康を取り戻そうと呼びかけている。

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 8:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事