ここから本文です

<ドクターX>ファン待望!米倉涼子&内田有紀“ひろみちこ”の入浴シーンに「待ってましたー!」

2019/12/5(木) 18:00配信

ザテレビジョン

米倉涼子主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第8話が12月5日(木)に放送となる。

【写真を見る】博美(内田有紀/左)と未知子(米倉涼子/右)で“ひろみちこ”

同作では、米倉演じる“異色・孤高・反骨の天才外科医”の大門未知子が再び日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」で活躍する姿を描く。

前シリーズから出演する内田有紀、遠藤憲一、勝村政信、鈴木浩介、岸部一徳、西田敏行らに加え、新シーズンからは未知子と対立する新たなキャラクターとして市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治、清水ミチコ、藤森慎吾、戸塚純貴らが登場する。

看護師役に今田美桜や今作が初ドラマ出演となる川瀬莉子、西田が演じる蛭間の秘書役に河北麻友子も出演し、「ドクターX」を盛り上げる。

第8話では、かわいいキャラから鬼気迫る演技まで、幅広い役柄においてその魅力を発揮し、「怪演女優」との呼び声も高い松本まりかがゲスト出演。松本は東帝大学医学部在学中に“ミス東帝大”にも選ばれ、ボストンハーバード医科大学では“失敗しないプリンセス”と称された優秀な外科医・中山麻里亜として登場する。

注目の第8話では――

蛭間重勝病院長(西田敏行)の策略により、副院長のニコラス丹下(市村正親)が東京地検特捜部に逮捕される。

『「東帝大学病院」には粛清の嵐が吹き荒れる』といううわさに、丹下派だった潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と浜地真理(清水ミチコ)は戦々恐々…。そんな中、「東帝大学病院」の外科医局に中山麻里亜(松本まりか)という女性の医師が現れる。

ボストンハーバード医科大学では“失敗しないプリンセス”と称された優秀な外科医である上に、“元ミス東帝大”という肩書まで持つ麻里亜に、男性医師たちはすっかり骨抜き状態。大門未知子(米倉涼子)は、執刀しようとしていた手術を麻里亜に横取りされ憤慨するが、その一方で、華麗な経歴を持つはずの麻里亜の手術の腕に早くも疑問を抱いていた。

時を同じくして、「東帝大学病院」に“次期総理大臣候補”といわれる政界のプリンス・八村正義(竹財輝之助)が入院してくる。虚血性心筋症を患う八村に対する治療方針は、心拍動下冠動脈バイパス術。

AIも、心臓が動いた状態で血管のバイパスを繋ぐ術式を提示するが、未知子は「そんな難しい術式はあんたたちには無理!」と異議を唱える。人工心肺を使った術式を提案する未知子に、麻里亜は「令和の時代に大門先生の術式は古すぎる」とまさかの反対意見を…!

ーーという物語が描かれる。

予告動画では、「第6期でも二人の入浴シーンが見たい!」と視聴者が待ち望んでいた“ひろみちこ”コンビが一緒に入浴するシーンや未知子が麻里亜の依頼をばっさりと切り捨てるせりふなどが公開されている。

楽しそうに入浴する未知子と博美(内田)に「かわいい過ぎかよ!」「待ってましたー!」「何の話をしているの?」「ぜひ混ぜてほしいです」という声が視聴者から上がっている。

さらに、加地(勝村)の「まさに天使とデーモンだ」のせりふの通り、対照的な未知子と麻里亜について「まりかさまついに降臨ですか、いい勝負しそう!」「断然、プリンセス(麻里亜)派だな」「デーモン(未知子)が負けるはずない!」「美対決とはこのことだ!」とSNSで話題になっている。

今回、松本のほかに恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。グアム編」に出演するまえだしゅん、熊谷仁志が登場することが公式インスタグラムで発表され、「え! 絶対みるみるみる!」「めっちゃーーーーーうれしい!」「格好いいですね!」「どんな役ででるのかな」などさらに盛り上がっている。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第8話は12月5日(木)夜9:00-9:54、テレビ朝日系で放送。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/5(木) 18:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事