ここから本文です

中山優馬、テレ東ドラマ初出演でエリート検事役に!「とにかく爽やかに演じるように心掛けました」

2019/12/5(木) 6:00配信

ザテレビジョン

12月20日(金)に放送されるドラマスペシャル「特命おばさん検事!花村絢乃の事件ファイル スペシャル」(夜8:00-9:48、テレビ東京系)に、麻生祐未らレギュラーキャストに加え、内山理名、中山優馬、長谷川朝晴、寺田農が出演することが分かった。

【写真を見る】中山優馬がインテリ検事を熱演!

本ドラマは、麻生演じる主婦・花村絢乃が、主婦ならではの鋭い勘とひらめきで検事として難事件を解決していくミステリー。

第6弾となる今回は、リサイクルショップ「エコロニッキ」の社長・池澤千晶役を内山、「エコロニッキ」の従業員で殺人事件の容疑者として疑われる畠山省吾を長谷川、与党代議士・桑本浩輔を寺田がそれぞれ演じる。

また、テレビ東京のドラマに初出演となる中山は、東京大学在学中に司法試験を突破し、東京地検の検事となったエリート検事を演じ、エリートとは真逆の花村絢乃とコンビを組み、捜査を進める。

■ 池澤千晶役・内山理名コメント

人気シリーズの作品に参加させていただき、うれしかったです。 安心感のある現場で、思い切り演じることが出来ました。

池澤社長が自ら会社の商品をアピールするテレビ番組のロケのシーンでは、 今までに経験がなく少し恥ずかしかったですが、でも思い切り演じてみました。女社長の立場というのも学ばせていただきました。

さて、誰が犯人なのか…それぞれがなにを守りたいのか…問いかけながら解決していきます。 最後までじっくりひとりひとりを見ていただきたいです。

■ 岸川俊一役・中山優馬コメント

とにかく爽やかに演じる様に心掛けました。自分が勉強できる頭はそんなに持っていないので、全く違う頭の良い役を演じる事はとても楽しいです。

僕も勉強ができたらこういう人生を過ごす事ができたのかもしれない。と想像をかき立てられました。人気シリーズが続いているという事は面白いという事なので、ご期待ください。

夏の暑い日の撮影が続きましたが、暑さに負けずにみんなで作った作品です。僕もその中の一人として頑張らせていただきました。ぜひご覧ください。

■ キャラクター紹介

・花村絢乃(麻生祐未)

大学で法律学の准教授をしていたことで、司法試験を受けていなくても検事に特別任用された東京地検刑事第一部の検事。持ち前の正義感と深い情、主婦ならではの鋭い勘とひらめきで真実を追い求める。時に被疑者の事情に首を突っ込みすぎることも。

・有沢達郎(原田龍二)

東京地検特捜部の検事。アメリカでFBIと連邦検事局で研修を受けた超エリート。今回も大手リサイクル・リユース事業に取り組む前園ホールディングス会長による与党代議士・桑本浩輔への贈収賄疑惑を追う。

・宇治谷巌(温水洋一)

東京地検刑事第一部の事務官。絢乃の担当を押し付けられたベテラン。

・渡部守(敦士)

東京地検刑事第一部の検事。絢乃の仕事を手伝わされる。

・須田武彦(正名僕蔵)

東京地検刑事第一部・部長。息子が司法試験に受からないのが悩みの種。

・岡田幸喜(高橋英樹)

東京地検の検事正。亡くなった絢乃の父と友人で、絢乃を検事に特別に任用した。4年前、ゼネコンとの贈収賄疑惑で与党代議士・桑本浩輔を起訴できなかったことを今でも悔やんでいる。

・池澤千晶(内山理名)

幅広い世代から人気を集める新しいスタイルのリサイクルショップ「エコロニッキ」のカリスマ女社長。社内で殺人事件が起き対応に追われる。

・岸川俊一(中山優馬)

東京大学在学中に司法試験に合格したエリート。横浜地検から、花村絢乃のいる東京地検刑事第一部に異動してきた。

・畠山省吾(長谷川朝晴)

リサイクルショップ「エコロニッキ」社員。妻・美里に先立たれ今は実母・茂子と10歳の息子と3人暮らし。リサイクル買取業者殺人事件の容疑者。

・桑本浩輔(寺田農)

環境省に絶大な権力を持つ与党の大物代議士。今回、大手リサイクル・リユース企業「前園ホールディングス」会長からの贈収賄疑惑で特捜部からマークされている。

■ あらすじ

検事の花村絢乃(麻生)はリサイクルショップ店員・畠山省吾(長谷川)が犯した殺人事件を担当する。仕事上での喧嘩が原因と自白するが、被害者は畠山家から強引な押し買いを行っていたことが発覚。違和感を覚えた絢乃は調査を開始する。

一方、検事正の岡田(高橋)は大物政治家・桑本(寺田)の贈収賄疑惑を追う。やがて2つの事件の関係性が浮かび上がる。主婦の勘を武器に、おばさん検事が真相を解き明かす。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/5(木) 6:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事