ここから本文です

主題歌を歌うP!NK。彼女の歌が「ドクターX-」とマッチするのは必然だった⁉

2019/12/5(木) 18:35配信

ザテレビジョン

現在放送中のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。米倉涼子主演で2012年にスタートした本作も、今回で第6シーズンを迎えた。そこで主題歌に起用されているのが、アメリカの人気アーティスト・P!NKの「ソー・ホワット」。力強い歌声とメッセージに、知らず知らずのうちに大門未知子の姿を重ねている人も多いのでは…? それもそのはず、ファンの間では“姉御肌”として知られるP!NK。そんな彼女の功績と驚きのエピソードを紹介します!

※P!NK Instagram(@p!nk)のスクリーンショット

■ アメリカ音楽シーンを代表する歌姫の1人

2000年にアルバム「キャント・テイク・ミー・ホーム」でデビューして以降、これまでにアルバム8枚、シングル38枚をリリースしているP!NK。全世界でのアルバムトータルセールスは6千万枚、シングルセールス1億3千万枚を誇るほか、3作連続で全米アルバムチャート1位を獲得、グラミー賞3冠という華々しい経歴を持っている。

今回、ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の主題歌となっている「ソー・ホワット」は、2008年リリースのアルバム『ファンハウス』からのリードシングルとして発売された1曲。全米シングルチャート1位、US iTunesビデオチャート1位を獲得したことに加え、ミュージックビデオの再生数は3億回以上の大ヒットを記録している。

<旦那とはもう終わっちゃったかも。だって彼が今どこにいるのか分からないし)>という衝撃的なフレーズから始まる曲で、当時の彼女も2006年に結婚した元モトクロスレーサーの夫、ケアリー・ハートとの別居が噂されていた。だが、この曲のMVに彼女は別居中の夫・ケアリーを起用。それについて、当時は「“旦那がいなくなったのよ”って歌うとウケるかなと思って」と話していたP!NKだったが、のちに「MVでの共演を口実に、彼とまた会えることがうれしかった」とキュートな一面をのぞかせている。

そんなP!NKとケアリーの結婚は、P!NKからのプロポーズがきっかけであることは有名な話。それも、モトクロスレースに出場中だったケアリーの応援に駆けつけたP!NKがコースに侵入し、走行中のケアリーに向かって「私と結婚してくれる? 本気だよ!」と書いたボードを掲げるという、前代未聞のプロポーズを行った。ちなみに、「ソー・ホワット」のリリース当時は別居説が流れていた2人も、この曲のMVでの共演を機に復縁。今では2人の子供にも恵まれ、“おしどり夫婦”として知られている。

「ソー・ホワット」だけでも話題に事欠かないP!NKだが、アメリカの音楽シーンにおいてさまざまな功績を残してきた。それはアルバムやシングルのセールスに留まらず、ライブにおいても同様。中でも2009年に開催された「ファンハウス・ツアー」は、オーストラリアだけで66万人を動員。同国において史上最大のソロツアーとなり、2011年度版のギネス世界記録に登録された。

また、2013年には「最も稼ぐミュージシャン(年収約35億円)」としてアメリカの経済誌「Forbus」に掲載されたこともある彼女だが、2018年3月から2019年8月まで行われた「ビューティフル・トラウマ・ワールド・ツアー」における興行収入は、P!NK史上最高記録となる約3億9730万ドル(約423億円)に到達。彼女のお家芸でもある、空中ブランコを使ったパフォーマンスをはじめ、シンガーとは思えないアクロバティックな演出で世界中の人を魅了しただけでなく、2018年の「最も稼ぐ女性セレブ(年収約59億円)」として再び「Forbus」に登場。さらに、2019年11月には米ビルボードが選ぶ「レジェンド・オブ・ライブ賞」を受賞した。

■ 40歳を迎えてもまだまだ止まらないP!NKの快進撃

歳を重ねるごとに衰えるどころかパワーアップしているP!NK。その証拠に、2019年はさまざまな快挙を成し遂げている。

中でも音楽界を驚かせたのが、イギリスの「ブリット・アワード功労賞」の受賞。同賞の歴代受賞者は、ポール・マッカートニーやエルトン・ジョン、デヴィッド・ボーイ、クイーンなどUK出身のアーティストばかり。UK出身ではないアーティストが受賞するのはP!NKが初となり、音楽史に残る快挙として騒がれた。

また、これまでの音楽界での功績が称えられ、2019年にハイウッド殿堂入りを果たしたP!NK。何万もの著名人がいるハリウッドでも、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」に星が飾られているのは、わずか3000人以下。ビヨンセやレディ・ガガ、テイラー・スウィフトといった大物アーティストにもいまだ与えられていない今回の星の獲得に対し、彼女は次のようにスピーチしている。

「自分を信じることには特別な力がある。1番かわいいわけでも、1番背が高いわけでも、1番面白いわけでも、1番才能があるわけでもないかもしれないけど、頑固で諦めず、必死に努力を続けていれば、あなたのような人間はいないというところまで辿り着ける」

さらに、ことし最も活躍した俳優やシンガーをファン投票によって選ぶ「ピープルズ・チョイス・アワード」でチャンピオンアワードを受賞した一方、グラミー賞ではアルバム「ビューティフル・トラウマ」が最優秀ポップビーカルアルバム賞にノミネートされながらも受賞は逃したP!NK。けれども、結果が判明した直後にインスタグラムに投稿された内容が、心温まるエピソードだと話題に。

そこで彼女が投稿したのが、アルミホイルで作ったトロフィーを持つ娘・ウィロウちゃんと息子・ジェイムソンくんの写真。トロフィーの台座には黒のマジックで書かれた「最優秀ポップボーカルアルバム賞 P!NK ビーティフル・トラウマ」という文字が。実は、受賞を逃すたびに夫のケアリーがアルミホイル製のトロフィーを作ってくれるそうで、今回で17個目になるのだとか。彼女も家族から贈られるこのトロフィーがとてもうれしいようで、インスタグラムにも「子供たちありがとう。一番のお気に入りのアワードよ」というコメントを付けて投稿している。

■ 曲がったことは大嫌い!な姉御肌

音楽にも家族にも真摯な姿勢を貫くP!NKは、社会に対しても曲がったことが大嫌い! どんな小さな差別や不正も許さず、それらに対する意見を自身の楽曲のみならず、SNSやスピーチなどを通して積極的に発信している。

アルバム「ビューティフル・トラウマ」の先行シングルとしてリリースされた「ホワット・アバウト・アス」のMVでは、人種や性別を超えたさまざまな人々が抱える苦悩を表現。現在の世界情勢や社会問題に対して、彼女なりの手法で警鐘を鳴らした。

また、2010年放送のドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」(フジテレビ系)の劇中歌に起用され、日本でも大ヒットとなった「フxxキン・パーフェクト」のMVでは、いじめや孤独といった問題にフォーカス。ショートムービー風の映像には女性が絶望から自傷行為に及ぶシーンが含まれており、公開当初は大きな物議を醸したが、若者の自殺という社会の闇に対して問題提起したことが高く評価された。

さらに、「レイズ・ユア・グラス」(2010年)のMVには、当時アメリカの多くの州で同性婚が認められていなかったことを疑問に思っていたP!NKが、「同性婚はもっと普通のことになるべき」というメッセージが込められているのだとか。彼女のLGBT+に対するサポートは他のセレブたちが声を上げるずっと昔から行われており、その功績を称えて2010年の人権啓発キャンペーンでアワードが授与された。

このほかにも、子供の飢餓撲滅を目指す「No Kid Hungry」や、難病と闘う子供たちの夢を叶えるために活動する「Make-a-Wish Foundation」、自閉症の医療や研究を支援するNPO「Autism Speaks」、国連児童基金UNICEFのアンバサダーを務めていたり、動物愛護の精神から「ファッションのために動物たちが傷つけられるのは許せない」と毛皮製品を一切身につけないことを誓っているP!NK。2006年にはイギリス・バッキンガム宮殿の近衛兵の帽子を、熊の毛皮からフェイクファーに変えてほしいとエリザベス女王に直接手紙を書いて送ったこともあるそう。そうした彼女の強い信念と勇気ある行動は、世界中の人々に賞賛されている。

■ 大門未知子×米倉涼子×P!NKの出会いは必然!?

さて、ここで今一度、大門未知子(米倉涼子)のうたい文句を思い出してみてほしい。

「群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの天才外科医・大門未知子」。

劇中における大門は、「いたしません」というおなじみのせりふで権力に屈することなく、常に患者の味方となる存在。また、「私、失敗しないので」と強気な発言をしながらも、実は情に厚いことでも知られている。

一方のP!NKも、とかく差別されがちなマイノリティの人々に対する愛を常に忘れず、時に権力に異を唱えることも厭わない“正義”の人。

外科医とアーティストという職業こそ違えど、彼女たちの抱く信念や志、姿勢は同じであるように思える。

また、大門を演じる米倉がことしで“女優宣言”から20年を迎えたのに対し、P!NKはデビューアルバムのリリースから19年と、2人のキャリアは奇しくもほぼ同じ。しかも、P!NKはこれだけの人気と実力がありながら、日本の連続ドラマの主題歌に起用されるのは今回の「ソー・ホワット」が初というのだから、ある意味運命的とも言える。

今回の報せを受け、P!NKは光栄の意を表すと同時に「作曲当時の私のありのままの気持ちを表現した『ソー・ホワット』は、これまでのキャリアや人生においてとても思い入れのある楽曲です。少しでも“パワフルな女性”というドラマの世界観を後押しできることを願っています」とコメント。一方の米倉も、「題名からして、強い曲ですよね。強い大門未知子に繋がる印象を受けました。ちゃんと歌詞を見ながら聴いたのは初めてだったのですが、『こんなことあるけど、がんばろう!』というよりは、『何があっても負けないけど?』みたいな完成された強さを感じる歌」と話し、P!NKと大門未知子というこれ以上ないタッグの実現を喜んだ。

第6シーズンを迎えたドラマも、いよいよ後半戦に突入。経営再建中の「東帝大学病院」を舞台に、リストラやコストカットなどビジネス優先の経営陣との対立、さらにはコンピューターやAIとの共存など、今作でもさまざまな問題に一切の妥協を許さぬ姿勢で挑んでいる大門。そんな大門にP!NKの「ソー・ホワット」のみならず、P!NK自身の姿を重ねてみると、これまで以上にスカッとするはず!? 放送時にはあらためて主題歌にも注目してほしい。

また、P!NKのことが気になったという人は、「ソー・ホワット」を含む全20曲(日本限定ボーナストラックを含む)を収録したベスト盤「グレイテスト・ヒッツ… ソー・ファー 2019!!!」も発売中なので、あわせてチェックしてみよう!

(ザテレビジョン・文=片貝久美子)

最終更新:2019/12/5(木) 18:40
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事