ここから本文です

『同期のサクラ』トレンド入り!高畑充希“サクラ”の苦しみにファン悲痛…「眼の光が完全に消えてる」

2019/12/5(木) 11:00配信

ザテレビジョン

高畑充希が主演を務めるドラマ「同期のサクラ」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第8話が12月4日に放送された。主人公・サクラ(高畑)が度重なるつらい出来事に耐え切れず、別人のように変ぼうしてしまうというショッキングな内容で、1週の休止を挟んでの放送だったが『同期のサクラ』がTwitterでトレンド入りする注目を集めた。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】つらさのあまり涙をこらえきれないサクラ(高畑充希)

■ 「仲間なんて思わないでください」

「同期のサクラ」は、高畑主演の「過保護のカホコ」(2017年、日本テレビ系)のスタッフが集結し、遊川和彦のオリジナル脚本で描く物語。

スーパーゼネコンの最大手・花村建設を舞台に「自分の夢に一途で、忖度(そんたく)できない主人公」サクラこと北野桜と、彼女を見守る4人の同期をはじめ仲間たちとの10年間を、回想のかたちでつづっていく。

第7話では、サクラの唯一の肉親だった祖父・柊作(津嘉山正種)が他界。サクラの一番の夢だった“ふるさとの島に橋を架ける”ことも、自分の発言が原因で立ち消えになってしまった。

どん底の状態で1週の休止を挟み、放送された第8話では、柊作の死から1年以上が経っても喪失感から立ち直れずにいるサクラがいた。

部屋はゴミ屋敷のように散らかり放題で、同期たちの励ましすらもサクラを追い詰めた。菊夫(竜星涼)の言葉には心動かず、蓮太郎(岡山天音)に相談されると重荷すぎて泣き出し、葵(新田真剣佑)のプロポーズには笑ってしまう。親友の百合(橋本愛)には「夢、夢、夢、夢!うるせんだわんね。夢があれば偉いんけ?」と、サクラの言葉とは思えない暴言を吐き、ついには同期たちに「皆さんに会うのも、つらいんです。お前ならできるよ、ガンバレって言われるたびに苦しいんです」「私なんか、仲間なんて思わないでください」と背を向けた。

■ 「この世界は夢や希望にあふれていると思ってた。だけど…」

まっすぐすぎる性格のせいで試練の多い人生を送り、心を病んでしまったサクラ。AIに「私たちには素晴らしい未来が待っていると信じてた。この世界は夢や希望にあふれていると思ってた。だけど実際は、そんなもの何もない。だったら、やっぱり私みたいなのは死んだ方がいいのかな」と語るほど思い詰めるその姿に、視聴者からは「サクラが心配…」「つらすぎてしんどい」といった悲痛の声が上がり、Twitterでは「同期のサクラ」がトレンド上位に浮上した。

また、「目標を失って、散らかった部屋で閉じこもって…まるで過去の自分を見ているみたい」「生きている意味が分からなくなる、その気持ち痛いほどわかる」「つらい人にガンバレとか夢とかって言葉は酷」「サクラを病院に連れて行ってあげて…」など、サクラの気持ちに寄り添う声、「高畑充希ちゃんの演技がすごい」「眼の光が完全に消えてる」といった、主演・高畑の熱演への賞賛の声も見られた。

8話では、同期からのメッセージで立ち直りかけていたサクラが事故に遭い、昏睡状態に陥ったことも判明。そして2019年12月、9カ月間の長い眠りから、ついに目を覚ました――。

■ サクラは目を覚ましたが…第9話あらすじ

サクラがついに目覚めた。翌日、知らせを受け病室に駆けつけた同期たちは、意識の戻ったサクラとの再会に喜ぶ。「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」と話すサクラに、4人は以前のサクラが復活したことを感じていた……。

一方サクラは、自分が眠っている間にそれぞれの人生に向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じていた。そして、再び建設会社で働くためサクラの就活の日々が始まる。しかし、花村建設を解雇された経緯を正直に話すサクラは軒並み面接で落とされてしまう。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/5(木) 11:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事